PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【動画】ケムシの毛を剃ってみた動画がすごい。毛の役割について

チョウやガの幼虫には長くふさふさした毛を持つものがいます。

あの毛がどのように役立っているのか、動画がありました。 【“【動画】ケムシの毛を剃ってみた動画がすごい。毛の役割について”の続きを読む】

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

超キモいシャチホコガ幼虫、その剣と盾と鎧について

2013年に撮影したシャチホコガ幼虫動画をまとめたものが、ニコニコ動画のランキング入りしていたのでその点についての記事。
以前の記事:宇宙生物?キモいと評判のシャチホコガ幼虫を手乗りする動画


4本の長い脚、大きすぎる頭、さまざまな突起が気持ち悪いシャチホコガの幼虫は、各機能で見るとそれぞれよくできてます。 【“超キモいシャチホコガ幼虫、その剣と盾と鎧について”の続きを読む】

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

【動画】猫とトイレットペーパーの関係

猫とトイレットペーパーとのかかわりは、

  1. かみつく・引っ張る・転がす・回すなどおもちゃとして利用

  2. 洋式トイレの排泄しつけがされているとき、穴掘りや穴埋めのしぐさに利用


をしている動画があります。
【“【動画】猫とトイレットペーパーの関係”の続きを読む】

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

【動画】春のアブラゼミは何をしているか

セミの幼虫は夏の羽化直前に地面に近づいてきますが、春の暖かい日にも同じように地表近くにいたりします。 【“【動画】春のアブラゼミは何をしているか”の続きを読む】

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

【動画】チリメンモンスターを回す(しらす、メガロパ、ゾエア、イカ)

ちりめんじゃこやしらす干しに含まれる小動物を、ターンテーブルで回してみました。 【“【動画】チリメンモンスターを回す(しらす、メガロパ、ゾエア、イカ)”の続きを読む】

テーマ:博物学・自然・生き物 - ジャンル:学問・文化・芸術

【動画】フクロウナギの捕食シーン

頭と口が大きすぎる深海魚、フウセンウナギ目 Saccopharyngiformes の魚たち。

口を大きく開けて、プランクトンや小魚を食べるフクロウナギ科( Eurypharynx pelecanoides )、
細かい歯のついた口で、大きな餌を丸呑みするフウセンウナギ科( Saccopharynx 属11種 )
が特に有名です。

フクロウナギがユーリファリンクスで、ペリカンにちなんだ名前で、頭だけでかくて、背びれが胸びれの位置より前から始まってて、

フウセンウナギがサッコファリンクスで、歯がいっぱいあって、頭も大きいが腹も大きくツチノコに長い尻尾みたいな体型で、背びれが胸びれの位置より後ろについてて、…

分かりづらい。検索してみても、いろいろ混同されています。

子供のころ、「ユーリファリンクスの腹が膨らんでいて、腹の皮膚を透かして呑み込まれた魚の目が見えている」絵が夢に出るぐらい怖かったのですが、今思うとあれはフウセンウナギ(サッコファリンクス)でした。

英語ではフクロウナギは Pelican eel, Gulper eel, Umbrella-mouth gulper などと呼ばれています。

そんなフクロウナギの動画がYouTubeにあったので紹介。 【“【動画】フクロウナギの捕食シーン”の続きを読む】

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

ちりめんじゃこの混ざりもの、チリメンモンスター(チリモン)にボウエンギョがいるかも

チリモン。
カタクチイワシの稚魚を茹でた食品、ちりめんじゃこ(縮緬雑魚)。
漁獲されたばかりのときは他の魚の稚魚、イカタコ類、甲殻類なども大量に混ざっています。
2004年ごろから、それらの小動物を分類する体験学習がゲーム「ポケッモンスター(ポケモン)」になぞらえて「チリメンモンスター(チリモン)」と呼ばれています。(「チリメンモンスター」は和歌山の水産会社、株式会社「カネ上」(かねじょう)の登録商標)

ボウエンギョ。
「アンコウ」や「ダイオウグソクムシ」など、へんな形の深海生物はそれぞれ人気があります。
そのうち、特徴ある目玉と自分より大きな魚を丸呑みできる胃をもつ20cmほどの魚「ボウエンギョ」は、その姿から知名度が高いもののひとつです。
2種類いるボウエンギョはどちらも暖かい海の生き物ですが、コガシラボウエンギョの稚魚は日本近海の浅い海にもいるので、成魚とはまったく違う姿をチリモンのなかに見つけられるかもしれません。
コガシラボウエンギョ 【“ちりめんじゃこの混ざりもの、チリメンモンスター(チリモン)にボウエンギョがいるかも”の続きを読む】

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

これは、ついている…?「吊られた裸の男」「サル」のようなハクサンチドリ属のランいろいろ

ヨーロッパからアジアにかけて分布し、日本でも親しまれているハクサンチドリ属 Orchis の蘭。

そのなかで唇弁が5つに分かれて「尻尾の長いサル」や「裸の男性」に見える種類が、ときどきネットの面白ニュースで話題となります。
Are the Hanging Naked Men Flowers Real? [archive]

属名になっている種・ハクサンチドリの名前「ハクサン 白山 - チドリ 千鳥」のように、日本では登山や高緯度地域へ旅行しないとあまり見れない花です。
チドリ3種比較 - 野山に自然に咲く花のページ テガタチドリ、ノビネチドリ、ハクサンチドリを並べて比較![archive]

【“これは、ついている…?「吊られた裸の男」「サル」のようなハクサンチドリ属のランいろいろ”の続きを読む】

テーマ:博物学・自然・生き物 - ジャンル:学問・文化・芸術

「ホッキョクウサギは肉や魚も食う」話の文献確認、兎が鶏肉料理を食べる映像

モコモコの白い体からすらりとした足が伸びる姿が印象的なホッキョクウサギ。

Wikipediaを見たところ、
「さらに、凍った魚や罠に掛かった動物の肉などを食べているとの報告がある。」

とあったので出典を眺めてみます。 【“「ホッキョクウサギは肉や魚も食う」話の文献確認、兎が鶏肉料理を食べる映像”の続きを読む】

テーマ:うさぎ - ジャンル:ペット

無農薬栽培では、冬のあいだに地元のテントウムシを確保して羽を糊付けすることになる?

テントウムシを網ごしに掃除機で吸って動けなくしグルーガン(ホットボンド)で羽を糊付けすることで、効率的に「飛べないテントウムシ」を作る方法を千葉県立成田西陵高校が開発しています。
東京新聞:飛べなくしたテントウムシの力拝借 害虫駆除アイデア 高校生特許出願へ:社会(TOKYO Web)[archive]



成田西陵高校ではエゾカタビロオサムシの糊付けでヨトウムシ駆除も試しているそうです。
甲虫のハネを封印する方法の実用化は作業効率のアップにより、今後面白そう。 【“無農薬栽培では、冬のあいだに地元のテントウムシを確保して羽を糊付けすることになる?”の続きを読む】

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

【動画】黒猫 対 白猫 Black Cat vs. White Cat

野良猫同士のケンカです。喧嘩のときの声と尻尾に注目。 【“【動画】黒猫 対 白猫 Black Cat vs. White Cat ”の続きを読む】

テーマ: - ジャンル:ペット

ミツクリザメは飼育下でどのように餌を食べるのだろう?

2013年11月14日に八景島シーパラダイスに入荷した相模湾産のミツクリザメ11頭は、18日までにすべて死亡しました。
飛び出す口が特徴で海底の生きた動物を丸呑みしている魚らしいですが、飼育下ではどんなものを食べれるのでしょうか?

【“ミツクリザメは飼育下でどのように餌を食べるのだろう?”の続きを読む】

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

種無しリンゴ(種子がきわめて小さいリンゴ)が売られていた

近所の生協で売っていたリンゴを切ったところ、種子が発育していないものがありました。
この状態でも見た目は普通のリンゴ。
種なしリンゴと呼べそうですが、どういう条件でこれが起きるんでしょうね?

とりあえず半分だけ食べて残りは冷蔵。 【“種無しリンゴ(種子がきわめて小さいリンゴ)が売られていた”の続きを読む】

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

バイカル湖の脂だらけの魚・ゴロミャンカと、それを追うバイカルアザラシ

世界一深い湖であるバイカル湖。
バイカル湖の魚は、サケの仲間やチョウザメのほか、半透明な体と脂の多さで知られるゴロミャンカ (golomyankas, Baikal oilfish)が中層を泳いでいます。

ゴロミャンカは、日本にいるカジカと同じ仲間ですが、体の38.9%が脂分だそうです。
バイカル・オイルフィッシュというのも、そのまんまな名前ですね。 【“バイカル湖の脂だらけの魚・ゴロミャンカと、それを追うバイカルアザラシ”の続きを読む】

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

間違えてライラックに卵を産んでしまう雪虫たち。本州ではトドマツ以外にもいるのだろうか?

雪虫。白いロウの綿毛がついた羽虫です。

雪虫の正体であるタマワタムシ科のアブラムシには、リンゴやナシの害虫を含めて何種類もいて、それぞれ決まった時期に植物の間を移動します。
井上靖の小説『しろばんば』のタイトルにもなった虫。この小説の舞台となった地方ではその姿を白婆と呼んだようですね。

そのワタムシのうち、雪が降る前の季節に移動するので有名なのが
トドノネオオワタムシ、学名 Prociphilus oriens。
トドノネ オオ ワタムシ。
トドの根 大 綿虫。

ウェザーニュースの調査では、この虫を見てから初雪までの期間は意外と長いそうです。
北海道エリアの利用者と取り組む『雪虫大作戦』スタート!/2009.10.16[archive]
「雪虫大作戦」結果発表。大量発生から初雪まで22日、俗説より1週間以上遅め/2012.01.12[archive] 【“間違えてライラックに卵を産んでしまう雪虫たち。本州ではトドマツ以外にもいるのだろうか?”の続きを読む】

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

【動画】ジョロウグモ♀のサイズ差

カブトムシやクワガタのオスがそうですが、クモも栄養状態による大小のサイズ差が出てきます。
冷え込みで動きが鈍くなり観察に適した時期になったので、ジョロウグモの大きいメスと小さいメスで大小比較動画。 【“【動画】ジョロウグモ♀のサイズ差”の続きを読む】

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

【動画】羽の先に蟲模様を持つハエは踊る

リアルすぎるアリ?ハエトリグモ?模様が翅の先にあるミバエが話題となりました。



日本にも、同様に羽の先に小さな虫の絵があるミバエがいて、それを撮影したかたがいるので、ミバエがどのように虫模様を使いこなしているのかがわかります。
【“【動画】羽の先に蟲模様を持つハエは踊る”の続きを読む】

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

【動画】耳に残るあのCM、スコーン♪スコーン♪コイケヤスコーン♪(1988)

菓子CMのメモ。 【“【動画】耳に残るあのCM、スコーン♪スコーン♪コイケヤスコーン♪(1988)”の続きを読む】

テーマ: - ジャンル:ペット

「ジャンプに失敗して落ちる猫」動画に共通するすべりやすい床、そして猫は窓やベランダから何をするのか

ジャンプの踏み切りに失敗したネコの動画があるたび、話題となります。

後足の爪と肉球では掴みきれない、滑る床面からのジャンプが事故の元のようです。
【“「ジャンプに失敗して落ちる猫」動画に共通するすべりやすい床、そして猫は窓やベランダから何をするのか”の続きを読む】

テーマ: - ジャンル:ペット

【動画】まるで川のムカデ。ヘビトンボの幼虫にかみつかれてみた

ヘビトンボの仲間の幼虫は、河原の石の下にいます。
幼虫に毒はありませんがとても気性が荒く、指を近づけるとかみついてきます。
広瀬川の牛越橋(うしごえばし)下流で、タイリククロスジヘビトンボ Parachauliodes continentalis の幼虫にかみつかれてみた動画です。

幼虫のアゴにカミキリムシやクワガタのメスのような鋭利さはないので、ちょっと皮膚が厚いところならば咬み付かれても怪我の心配はありません。 【“【動画】まるで川のムカデ。ヘビトンボの幼虫にかみつかれてみた”の続きを読む】

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

『新種のバッタ』。「秘境で発見された珍動物」メソッドは2013年も健在だった。

「ジャングルの秘境にはこんな見たこともない人々や生物がいて、撮影チームは決死の取材を試みた」という形式のバラエティ・お笑い番組があります。
テレビでは川口浩探検隊、藤岡弘探検隊などが有名です。

常識ある大人は演じられる喜劇を楽しみ、若者は同じネタを自分たちもいつかやってみたいと思い、小さい子供にとってはサンタクロースよりもまじめに信じてしまう何か。

このメソッドは、Webになっても相変わらず便利に使われているようです。
【“『新種のバッタ』。「秘境で発見された珍動物」メソッドは2013年も健在だった。”の続きを読む】

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

話題のヒトデ、カワテブクロ(Choriaster granulatus)は切手になっていた

鳥羽水族館のダイオウグソクムシ中継で紹介され、見た目のインパクトで話題となったヒトデ、カワテブクロ。
沼津の深海水族館にもいるそうです。
学名 Choriaster granulatus、 英名 granulated sea star/cushion seastar/doughboy star など。径27cmぐらいまで成長するらしい。

画像検索したところ、切手が2種類発行されていたのでその件、およびツイート動向についてメモ。 【“話題のヒトデ、カワテブクロ(Choriaster granulatus)は切手になっていた”の続きを読む】

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

a[ジー…]b[ツクツクツク…ボーシ!]c[ツクツクボーシ!]d[ツクツクツクウィッ]e[ツクツクウィヨーシッ!]f[ジー…]

ツクツクボウシの鳴き声メモ。

a[ジー…]b[ツクツクツク…ボーシ!]c[ツクツクボーシ!]d[ツクツクツクウィッ]e[ツクツクウィヨーシッ!]f[ジー…]

a[ジー…] ツクツク音が出せるまでの準備体操。徐々に高音。
b[ツクツクツク…ボーシ!] ツクが3回以上。数回。
c[ツクツクボーシ!] メインパートのツクツクボウシ。10数回繰り返す。
d[ツクツクツク ウィッ] 切り替え。1回のみ。
e[ツクツクウィヨーシッ!] サビ。複数回。
f[ジー…] 締め。徐々に切れ切れになって止まる。 【“a[ジー…]b[ツクツクツク…ボーシ!]c[ツクツクボーシ!]d[ツクツクツクウィッ]e[ツクツクウィヨーシッ!]f[ジー…]”の続きを読む】

テーマ:博物学・自然・生き物 - ジャンル:学問・文化・芸術

インカ帝国軍の性欲減退剤として使われた野菜、マシュア

南米アンデス地方原産のマシュア(英名 mashua, 学名 Tropaeolum tuberosum トロパエオルム・ツベロスム)は、ノウゼンハレン科の野菜です。
ジャガイモを害する地中の線虫が嫌う成分を出すため、ジャガイモと同じ場所に植えたり、ジャガイモ栽培を休ませている畑に植えたりするそうです。

分類的には、日本でもよく栽培されている金蓮花(キンレンカ、ナスタチウム)と同じ属になります。
金蓮花と同じく花や葉は生野菜とするほか、塊茎(イモの部分)はシチューなどに使われます。利尿作用があるといわれています。

この塊茎は男性の性欲を抑えると伝承されており、インカ帝国では軍隊にその目的で食べさせ、現地の男性は不能になるとして現在も食べないそうです。

ラットを使った実験で、1982年に男性ホルモン(テストステロン)が減少すると報告され、2008年に精巣内で精子生産を抑制すると報告されています。 【“インカ帝国軍の性欲減退剤として使われた野菜、マシュア”の続きを読む】

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

ダイエットは本当に必要?巻尺だけで猫の体脂肪率がすぐわかる!

ある猫が肥満かどうかは、胸周りと、ヒザからカカトまでを巻尺で何センチか測り、体脂肪率を計算します。

計算方法と測りかたは The Feline Body Mass Index™(WALTHAM)。
↑PDFに写真と表と計算式が載っています。

ネコの体脂肪率計算 猫用BMIの計算機と、説明です。
【“ダイエットは本当に必要?巻尺だけで猫の体脂肪率がすぐわかる!”の続きを読む】

テーマ: - ジャンル:ペット

【動画】オオスズメバチを次々と捕獲!ハチミツとネズミ用粘着シートを使った罠がすごい!

家庭用のスズメバチ退治としては、落とし穴型の市販品として「蜂激取れ」、ペットボトルで自作する「スズメバチホイホイ」があります。蛾やハエなども同時に捕まえることができ、スズメバチ用レシピ(グレープフルーツジュース)、ハエ用レシピ(砂糖+日本酒+酢)など餌も研究されています。
ハチ激取れは、ハエ激取れでもあった スズメバチ捕獲(ハチ激取れ)の話・続き

これらは、仕掛けておいて気長に待つ方法。


「目の前にいる大量のスズメバチを何とかしたい」方法としては、ミツバチの養蜂家が実践している、ネズミ用粘着シートを使ったものがあります。
スズメバチが一匹捕まると、他の蜂も次々にそこに飛び込んでくる、という習性を利用した駆除方法です。

ネズミ捕りに最初の一匹を着けるまでが大変そうでしたが、粘着シート内にハチミツを置いてスズメバチを誘導する動画がありましたので紹介します。 【“【動画】オオスズメバチを次々と捕獲!ハチミツとネズミ用粘着シートを使った罠がすごい!”の続きを読む】

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

バラの害虫、チュウレンジバチ幼虫は釣り餌に使えないだろうか

バラの茎を裂いて卵を産み幼虫が葉を食い尽くすチュウレンジバチ類ですが、同じくハバチ類のアケビコンボウハバチ幼虫がイワナ釣りに使えたという話を見かけたので、用途があるかもというメモ。

チュウレンジバチ幼虫はメダカ、金魚、鯉は食べてくれますが、ほかの魚はどうなんだろう?
イワナの例はなんでも食いつくらしいので、当てにはなりませんが。

なお、バラにやってきて卵を産む、腹がオレンジ色の蜂は4種類いるそうです。 【“バラの害虫、チュウレンジバチ幼虫は釣り餌に使えないだろうか”の続きを読む】

テーマ:釣り・フィッシング - ジャンル:スポーツ

【動画】互角の猫同士のケンカは、噛み付きあったまま固まる

猫のケンカは、にらみ合い→実力行使→どちらかが逃げるまで繰り返し、となります。
実力がほぼ同じだと、噛み付きあったまま寝技も出せなくなることがあります。

仲裁が入るまで動きが止まった猫のケンカをご覧ください。
cats_fight.jpg
【“【動画】互角の猫同士のケンカは、噛み付きあったまま固まる”の続きを読む】

テーマ: - ジャンル:ペット

宇宙生物?キモいと評判のシャチホコガ幼虫を手乗りする動画

シャチホコガ(鯱蛾, Stauropus fagi persimilis)は、幼虫の反り返るポーズが屋根につけられたシャチホコに似ているということで名づけられた蛾です。
「変な虫がいた!」と紹介されることも毎年よくある芋虫。

英名は Lobster Moth 、海のザリガニであるロブスターに似てなくもないですね。

映画「エイリアン」に登場するフェイスハガーを想像する人も多いとか。 【“宇宙生物?キモいと評判のシャチホコガ幼虫を手乗りする動画”の続きを読む】

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

【愛猫家へ】猫はユリやヘメロカリスを食べると死の危険があります

猫に腎不全を起こすユリやヘメロカリス。
最近また百合を食べた死亡例や危険な動画を見かけるようになってきたので、改めて記事とします。
猫にユリは毒

以前に書いた【ネコにとっての猛毒、ユリとヘメロカリスについてのメモ】 は小難しくなりすぎたので、論文や事例に興味がある人用とします。

ヘメロカリスの猫への毒性については2013年現在も激論になっていて(「ユリもDay Lilyと俗称することがあるから集計が間違ってるのでは」、「庭で何年も猫が食べているが大丈夫だ」、「家の老猫は食べて死んでしまった」、など)おそらくヘメロカリスの品種や猫の状態などにより相当な差があるものと思われますが、詳しい実験例は無いようです。このため、警告されているとおり毒として扱っておきます。 【“【愛猫家へ】猫はユリやヘメロカリスを食べると死の危険があります”の続きを読む】

テーマ: - ジャンル:ペット



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。