PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種無しリンゴ(種子がきわめて小さいリンゴ)が売られていた

近所の生協で売っていたリンゴを切ったところ、種子が発育していないものがありました。
この状態でも見た目は普通のリンゴ。
種なしリンゴと呼べそうですが、どういう条件でこれが起きるんでしょうね?

とりあえず半分だけ食べて残りは冷蔵。

種無しリンゴ Seedless Apple



物としてはリンゴの受粉あり受精なしの空洞果、ということになるのかな。

こういう偶発的なものではなく種無しリンゴ品種があるのか検索してみると、受粉が要らず種が無い小果の「スペンサーシードレス Spenser Seedless Apple」があるようですね。栽培農家のサイトがありました。
Apples - Spenser Seedless, DIVERSITY website, apple breeding,orchards,fruit [archive]

20世紀初頭からの由緒ある品種のようです。
1908 Ad Spencer Seedless Apples Fruit Orchard Health Food Kansas City Missouri - Original Print Ad

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/986-b3c3412c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。