PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦姫絶唱シンフォギアGキャラクター&VOICE BOOK メモ

届きました。




以下、気になった部分のメモ

・声優写真は、日笠陽子氏が着ている白地に英単語がびっしり書かれた(LOVE Bunch Wonderful Honey World 他)呪文装備みたいなドレス以外は特に感想無し
・各声優の自キャラ解説。他キャラから見たウェル博士の存在感がでかい
・切歌の「~デス」に石川英郎氏はプロレスの入場アナウンス(荒井昌一「入場デェス」)を想像したそうだ
・井上喜久子氏(ナスターシャ教授役)「歌の奇跡によって17歳に若返った彼女が第3期で」wwww

・キャライラストでXDギアや私服を含めた前面背面があって、描く人には参考になりそう。

・「G」の由来:金子彰史氏が無印の打ち上げでゲッターをモデル(流→クリス/神→翼/巴→響)にしたと語り、聞いた三嶋Pが2期で「G」を提案、とのこと。上松案は豪鬼の背中に浮かぶアレで「天」だったが金子氏は劇場版SPECと被るのを気にした
・「シンフォギアらしさ」にスタッフも苦しんだ
・サテライトの金子文雄Pにより「キツい展開」の提案
・原作の金子氏&上松氏どちらも、ウェル博士のピュアさを強調
・ウェル博士がコケまくるのはシナリオにはなく、現場での追加
・森井佑一Pの未来愛、上松氏&沼田氏(総作画監督)のクリス愛、金子彰史氏のおっさんおばさん愛
・電光刑事バンの設定を先に作ってから歌詞を考えた(金子)
・大テーマ「シンフォギアVSシンフォギア(上松)」テーマ「英雄の苦悩と再誕(金子)」
・マリアの出身は旧ユーゴスラビアのどこか 「イヴ家のカデンツァの娘マリア」
・クリスと切歌はメタル系歌 クリスはギター+デジタルサウンド=デジタルロック、切歌はピアノ=ややファンタジック(上松)
・未来が味方装者だけは絶対反対、ただし井口ソングを聴く機会は増やしたくウェル博士顔になる(金子)
・シナリオの”緒川が救助に来る”が、水遁の術になっていて驚いた(金子)
・クリスの頭身下げ、更なるロリ巨乳化を提案(小野勝巳監督)
・金子&上松両氏が常に現場にいて変更をしやすかった(小野)

第一期のキャラクター&ボイスブック同様、大半は声優写真ですがイラストとインタビュー関係も十分なボリュームです。価値あり。


戦姫絶唱シンフォギアG キャラクター&VOICE BOOK

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:戦姫絶唱シンフォギアG - ジャンル:アニメ・コミック



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/964-3505e375
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。