PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLAYMORE(クレイモア)アニメ放映途中までの感想サイト関連

クレイモアのアニメもオフィーリア戦まで進みましたので、
クレイモア関連ブックマークから、ここらで面白い感想や考察などを紹介します。
コミックからネタバレしているので未読者は注意。


カラオケ男爵 レゾン・デートル
http://na005.blog13.fc2.com/blog-entry-797.html

だがしかし、ごくまれにロボットの中には、存在意義を自らみつけだすものもいるのです。これはプログラムの拡大解釈による、一種の暴走かもしれません。しかしその瞬間、ロボットは人間に限りなく近づく──。

ロボット物としてみるクレイモア。ロボットたちが生きる意義を見出す話。
本編中ではテレサとイレーネがその役を存分に発揮してます。


けだめ。CLAYMORE #10
http://kedamonomania.blog78.fc2.com/blog-entry-473.html
サイト内「CLAYMORE」

覚醒者の動かなさに笑った。あの再生力と触手乱れうちを長い手足を使って高速で動きながら繰り出せば瞬殺だったんじゃ…やはり美女を嬲り殺す快楽への誘惑には勝てないということなのかな。

自分より弱い相手のみをなぶりころしていればよかった男覚醒者へのツッコミ。

ブワナ・アリット 『CLAYMORE』SCENE11「斬り裂く者たち III」
http://d.hatena.ne.jp/shikifuneosamu/20070614/p1
サイト内の「CLAYMORE」

そのうえで――ラストのクレアのセリフだろう。それが生活世界における定立であればこそ、テレサとの関係性が二人の間で閉じることはない。そして僕に関して言えば、これでクレアの人物像が一本の線で結ばれたことにもなる。素晴らしいかぎり……。

各人物像が一貫してるかを気にしている人の感想。
プリシラやテレサについての考察も面白い。

( ´Д⊂ヽ 日記の検索:「クレイモア」
http://d.hatena.ne.jp/fetida/searchdiary?word=%A5%AF%A5%EC%A5%A4%A5%E2%A5%A2&type=detail

元が月刊とはいえ容赦ない怒涛の毎回クライマックスですねこの話(ノ∀`)まー原作に準じてるのかどうかとか知らないわけですが@ビィトみたいに露骨なオリ話を入れられてもアレなのは確かなんで(゚∀゚)俺は最初からクライマックスだぜ!みたいなテレサ編以降@最近の展開は決して嫌いじゃないです∩゚∀゚)')勿体無いと思ったりもしますがそれはそれで!とまー先週喜久子姐から注意された直後にいきなり"残忍で仲間を仲間とも思わない、血を見るのが何より大好き"な闘争命のクレイモアのテンプレをもっとも拡大解釈した殺人姫オフェーリアお姉さまと対面する我らが桑島クレア!というか(ノ∀`)飛ばしすぎだろやっぱ!

暴走している感想。楽しい。


昇龍伏龍 クレイモア 8話 「覚醒」
http://dragon.radilog.net/article/182857.html
サイト内「クレイモア」

で、テレサを朴路美さん、イレーネの高山みなみさん、ソフィアやノエルも、他のマンガならソコソコ引っ張れるキャラなのに、まぁ惜しげも無く(W
でも、こういうのがインパクトには重要だよね。
んで、今回の前半部までなら、これまたありがちな少年漫画の展開範囲なんだけど、あの衝撃の瞬間のテンポのよさ!!
久川綾さんのプリシラの多彩な演技が光った!
で、「数で押す」って作戦で成功してるのな!ってのもよーく分かった(W

テレサ編の山場に大量投入された声優陣について。

各blogを見ていると
「母親と見ていて母親のほうがハマってしまった」系がいくつか、
「どこでも買えるだろうと思っていたらコミック品切れ」が多数。


アニメではテレサが盗賊の町への来襲に気づいた位置を、アニメではより遠距離に配置して間に合わなかった感を演出したり、男覚醒者・ミリア一行・ガラテア&エルミタの会話で、ミリアの思わせぶりな秘密話はカットして、4人が処分対象なことをよりわかりやすくするなどのアニメ版はより好感の持てる修正をしていて面白い。クレアがテレサの生首掲げて、ルヴルへのクレイモアになります宣言も細かく補完されていてよく出来てるなーと。あと忘れるところだったけれどおかしらも良かった。

そのかわりというか
ソフィアの「お猿さんみたいで」
デネヴの「勘弁してくれよ」
女覚醒者の「まったくいまの若い子たちは」
などの、人物の特徴として省かれては困るセリフが幾つか抜け落ちてて、惜しいと思うこともまた多かった…。今後に期待。

当ブログのクレイモア関連まとめ
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/blog-entry-89.html
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:クレイモア - ジャンル:アニメ・コミック



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/94-6ead3374
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。