PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォール・サイタマ、ウォール・チバラギ。首都の想像力の限界について

福島第一原発の高濃度汚染水漏れ。

東京の中枢部にはなかなか危機が伝わらないようですね。

この状況説明として、思考を停止する壁、ウォール・サイタマ、ウォール・チバラギという名前をつけました。

埼玉、千葉、茨城、という言葉は。

首都圏に関わる人々が聞いた瞬間に直接反応できる土地。

事実上、壁として機能しています。

首都圏では、この壁の外のことをニュースとして扱うと、

「そんなローカルニュース要らねーし。そんなことより美味いラーメン店教えろ」

という反応となります。

原発立地の際には、この効果がとても役に立つとみなしてたんでしょうね。

現在は逆効果のようですが。




追記2013-09-06
(cache) 朝日新聞デジタル:五輪招致、汚染水漏れで東京守勢 会見で「安心」空回り - 五輪招致
http://megalodon.jp/2013-0906-0644-26/www.asahi.com/special/2020hostcity/articles/TKY201309050388.html

24時間前、東京が現地で初めて開いた会見では海外記者から事故への質問が相次ぎ、竹田恒和理事長が「福島と東京は250キロ離れている」などと説明に追われた。東京の最大の売りは「安心・安全」。事故が、その主張を根底から揺るがしかねない流れだ。

 質問の口火を切った、IOC委員の多くが読む五輪専門サイト「インサイド・ザ・ゲームズ」の英国人記者ダンカン・マッケイ氏は「東京の答えはいつも同じ。(福島との距離)250キロというのはないに等しい距離。委員を説得できるとは思えない」と語った。








「ウォール・」でぐぐりかけた時のおまけ

ウォール・のGoogleサジェスト(ウォール・エミリア、ウォール・チハヤ)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/909-30558209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。