PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怨霊信仰という意味で、日本人の宗教教育を担っているのは心霊番組。

キリスト教の例
聖書は神様が用意した事例集です。
神様に逆らった例、神様に祝福された例が多数おさめられています。
皆さんも事例をこれからの生活に活かしましょう。

心霊番組の場合
土地、建物、品物などに固定されている霊が、こんなにやばいことに!
先祖代々、おじいさんからおばあさんから受け継いできたものが強力な御守りに!

これが実際の生活に活かされるわけで、正しく宗教教育です。

行動に出てくるポイント
・歴史のあるものだと、どんな霊に汚染されてるかわからくて気持ち悪い
 →なるべくまっさらに戻そうとする。特に土地と家。

・霊の支配地に踏み込んだら、ひどい目にあった
 →霊がかかわって来そうなものは避けるか敬うかする。神社仏閣、墓など

事例集は自分の生き死ににかかわるよな、と思えれば成功ですので、
キリスト教の神様が火を降らせたり城を破壊したり洪水で皆殺し、と同じぐらいのリアリティを心霊番組は健全なお子様たちに教えつづけていることになります。

追記
ひとことでまとめると、
カネがあっても権力があっても逆らってはまずい、という相手を
子供のころから教えているという話。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/90-2a55e0e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。