PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Apple製品の「i」の意味ほか、アップル雑学メモ

当たり前だったことが、そろそろ謎知識になってきてるころですね。
細かい由来はアップル好きの専門サイトにお任せとして、自分で忘れそうなものをいくつか。



アップル雑学いろいろ
・Apple社名 スティーブ・ジョブズによると「果実食主義の食事のひとつ」「面白そうで活発な上、高圧的ではない」(自伝)
・Appleのロゴ、右側をかじられたリンゴはbite(かじる)とbyte(コンピュータの記憶単位)のしゃれ
・Macintosh マッキントッシュの開発者ジェフ・ラスキンがリンゴ好き
 リンゴ品種McIntosh は既にオーディオ製品で使われていたので a を加えた
 リンゴの品種 McIntosh red [wikipedia] は 日本での品種名「旭(あさひ)」。


iMac(1998年)に始まる、製品の先頭にiを付ける伝統。
iの意味については、ジョブズが語っています。

アップル製品の i の由来(1998年)
internet
individual
instruct
inform
inspire


私服の三宅一生デザイン黒タートルネックとリーバイス501を発表で着るようになる前、ジョブズはジャケットを着てたんですね。

そういえば、iPhoneが、日本ではアイホン株式会社のインターフォン(玄関チャイムと室内受話器セット)と商標でかぶったあと、なんらかの交渉の結果「アイフォーン」と呼ばれるようになったのも、忘れられてきてる気がします。

当たり前になると忘れ去られるので、どうでもいいことでもメモは重要。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/864-76b9ea3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。