PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻想郷(ファンタジー)における食人は、直接描写がない限り冗談扱いされるんだよね

東方Projectの話というか、ファンタジー全般のことですが。


人間を殺害し食べる捕食者がいて、
人間が無力感を味わい、
捕食者たちにも考えと文化があって……、
という物語の数々について。


ヒトは食べられて進化した



そういう物語のひとつ、クレイモアを読んでいてふとした疑問。

ジョジョの奇妙な冒険 1 (ジャンプ・コミックス)
幽・遊・白書 完全版 1 (ジャンプ・コミックス)
CLAYMORE 1 (ジャンプコミックス)
寄生獣(完全版)(1) (アフタヌーンKCDX (1664))
GANTZ 1 (ヤングジャンプコミックス)
ベルセルク (1) (Jets comics (431))


こういった物語の中では、人間を捕食するものたちにも、魅力的な者たちがいます。

そのキャラクターが。

あきらかに人を殺害する・人体を口に運ぶシーンが描写されるまで、
読者から、まるで人間であるかのように扱われるのはなぜなんでしょうね。


逆にいうと。

ある怪物が、知性があり見た目は人間だが、人外であることを明白にしたいとき。
人を殺し食べるシーンが無いと、説得力があまり無いのはなぜなんでしょうね。



特に絵が重要な漫画・ゲームでは。

「わたしは人を食べる」(セリフ)→ そうかそうか で、それが?
「わたしは人を食べる」(画像) → うわあ、グロいグロい

というぐあいに、人喰いさんたちの言葉は、絵で見せられないかぎりとっても軽く扱われるのですね。


二次創作の世界では、シリアスな世界のキャラクターを日本人的日常(青少年向けならば学生生活)へ放り込むのが常道ですが。
妖怪・怪物・人外・吸血鬼ほかを「理解できる日常生活」に連れ込むばあい、キャラの食事表現をどうするのか、が大きな問題になります。

もともとの人間を食っているという描写が
文字なのか絵なのか、
は極めて大きな差になるということです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:独り言 - ジャンル:日記



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/718-1cb2c274
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。