PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャイアントミルワームを、クルミやゴマと食べ比べてみました。

 
虫を食べてみる漫画、「蟲★喰」を読んでいて、食べてみたくなったジャイアントミルワーム(略してジャイミル)。
事前情報で焼き・炒めとも普通に美味いものであることは分かっているので、ここでは擂ってみることにしました。



絶食ずみジャイミル。

比較用の炒りゴマ。

比較用の生クルミ。

これらを、茹でたカブで食べ比べ。



魚・トカゲ・蛙・ハムスターなどの餌用に、ジャイミルを持っているかたへの人間用レシピ

注意
すでに良くわかっておられるかもしれませんが、ジャイミルはほとんどの袋に穴をあけて逃げ出します。
ビニール袋は、もはや死亡フラグ。
数分以上、目を離すときは、かならずケースタイプの器を使いましょう。

ジャイアントミルワーム(ツヤケシオオゴミムシダマシ)のメモ


1.ジャイミルを一日~数日絶食。
 ジャイミルの味の要素は、
 ・カラ部分が加熱するとエビ風味
 ・油部分が加熱するとナッツ系の芳香
 ・あとの味は消化管に入っている普段のエサの質しだい

おがくず、腐葉土、小麦ふすま、コイの餌などの普段の彼らのエサの匂いは、3番目の部分で味に反映されてしまいます。
食品としてもなるべく問題ない餌で育てるとともに、絶食させて、味への介入を減らしましょう。

幼虫どうしでの共食いは避けたいので、ジャイミルをサナギにするのに使われている、100円均一の薬箱を利用してみました。
蒸れないように各小部屋に穴を開けて、このまま放置しつづければ、全てサナギになっていくそうです。




2.(やりたければ)ジャイミルに、香りづけたい食品を食べさせる
絶食後、白菜や大根を与えればアブラナ系の、すりゴマを与えればゴマ系の・・・
要するに、ガットローディングを、人間用にやるわけですね。
香料の影響が強く出るようなので、駄菓子を使って実験してみると面白いかもしれません。
ジャイミルは腹が減っていてもそうでなくても、与えればいろいろかじります。
※事前にニボシを食わせた例は明らかに失敗でした



3.選別
当たり前のようですが。
死んでいる虫は、食べるのをやめましょう。



4.鍋に沸かした湯で数十秒、湯通し
洗いも兼ねます。フライパン上で暴れるのだけは止めてほしいですからね。
熱が通ると、一直線に伸びます。





5.炒る
フライパンへの油は要りません。虫に含まれているものだけで十分です。
熱したフライパンにおくと、
口から水分が抜ける→皮から油が染み出す→キツネ色に揚がる、の過程をたどります。

野菜と油いためやバターいためにしたいなら、ここで他の食材とあわせればOKです。

今回はクルミも一緒に加熱。





6.試食
ジャイアントミルワームのベースの味は「ナッツ油で揚げたエビの殻」です。
要するにえびせん。見た目が気にならない人にとっては、ただのおやつです。





7.擂る
工程はグロいのですが、食材として考えると必須。
「姿さえ見えなければいいのに」を実現するには、避けて通れません。
ミキサーでもすり鉢でも、お好きなものをお使いください。



ここで、油と消化管の内容物が混ざるので、「ジャイミルが調理前に食べていた食い物」の香りが出てきます。



8.料理への使用
すりつぶすと油はどんどん酸化してしまいます。早めにいただきましょう。


今回はクルミが淡白で、ゴマがきわめて強力。その間で、ジャイミルはほぼ削り節役となってしまった感があります。
しかし、擂りゴマと混ぜたときの味は格別。

tb:
http://www.zaeega.com/archives/51350189.html

tag: ツヤケシオオゴミムシダマシ、ジャイアントミルワーム、ロイヤルミルワーム、キングミルワーム、レッドミルワーム、ジャンボワーム、ジャンボミルワーム、ジャイミル、Giant Mealworm,SuperWorm, Zophobas atratus,Zophobas morio, darkling beetle
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:こんなの食べてみた - ジャンル:グルメ



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/601-75f616ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。