PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪での「トラックからリンゴ略奪」伝説。1984年4月23日、京阪天満橋駅前

『青森から大阪へトラックで来たリンゴ売りが、試食OKの表示を出して車から離れたところ、群衆にリンゴを略奪された』話。
青森りんご事件、大阪りんご事件などとも呼ばれています。

大阪人の性格を語るうえでよく引用されるこの話の、詳細と後日談について。
Web上での内容であり、これについて語られている関連記事も大阪新聞からの孫引きがほとんどです。
当時の雑誌や新聞からでは、また違った印象となるかもしれません。


1922年創刊の大阪新聞が、1997年(平成9年)に出した75周年記念誌に経緯が載りました。
その大阪新聞は、2002年3月産経新聞大阪本社版夕刊に紙面統合、廃刊。
産経新聞大阪本社公式ニュースサイトが、2008年に文面を掲載しています。
隆替の年月 リンゴ事件1 (56) 魚拓
隆替の年月 リンゴ事件2 (57) 魚拓

原文の要点をまとめてみます。
日付:
 1984年(昭和59年)4月23日
時刻:
 記事からは不明
場所:
 造幣局の桜を見に来た人が多かった京阪天満橋駅前
内容:
 トラックにリンゴ80箱、千数百個
 表示は「試食をしていただいて結構です」
奪われかた:
 リンゴの山にのぼり、リンゴを投げる背広姿の男など
 被害総額40万円
その後:
 被害届は出していない
 被害者はマスコミに「大阪は本当に恐いところだ」のコメント

3日後から開始された新聞社キャンペーン:
 大阪新聞の佐藤編集局長が「大阪の良識を取り戻そう」と呼びかける
 新聞の文面は
 「いまからでも大阪の良識を取り戻しましょう。持ち帰ったリンゴの代金を支払うのも反省の証の一つです」

集まった寄付:
 「天満橋のサラリーマン」を名乗る人からは「事情が分からず、4個拝借しました。申しわけありません」と代金の倍額の2千円
 10万円を寄付した団体もあった
 青森出身の舞踏家・江口乙矢さんが3万円 

弘前市へ寄付:
 編集局長が福士文知・弘前市長に、交通遺児のためとして集まった募金合計31万2500円を渡す
 大阪市内の幼稚園児が描いたリンゴの絵200枚も渡す
 被害者からの手紙「大阪の人の真心に触れることができました」

弘前市からの寄付:
 平成元年、弘前市から大阪新聞社経由で、大阪の福祉施設へのリンゴ寄付が開始。
 平成9年時点でも行われていた

※キャンペーンを行った、編集局長佐藤氏のフルネームは不明。
※被害者についての詳細は不明。
※平成9年以降も弘前から大阪へ寄付が行われているか不明。

1984年(昭和59年)4月24日(火)河北新報夕刊9面に、当時の詳細記事がありました。

花よりリンゴ
造幣局の「桜の通り抜け」
みんなでやれば怖くない 2㌧80箱持ち去る 大阪
青森の業者しょんぼり


【大阪】二十三日午後、花見見物でにぎわう大阪の桜の名所、大阪造幣局「桜の通り抜け」近くで、リンゴ路上販売業者が電話をかけに行ったわずかのスキに、約2㌧、八十箱のリンゴが通行人に次から次に持ち去られる”事件”があった。
「試食していただいても結構です」の看板に、通行人が群集心理にかられ持ち去ったらしいが、青森から来た業者はあまりのモラルの低さにあ然とし、警察に被害届も出さず、しょんぼり引き揚げていった。

ご難にあったのは弘前市清原二ノ一〇ノ二十九、リンゴ販売業長尾清秀さん(三六)。
長尾さんはこの日正午すぎ、造幣局の花見に出かける客でにぎわう大阪市東区京橋二ノ三ノ五の天満橋南側付近の路上に、二㌧トラックに満載してきたリンゴ約八十箱(約四十万円相当)の荷を下ろし、路上販売を始めた。
午後零時四十分すぎ、電話をかけに行き、約十五分後に戻ってみるとほとんどが空箱。
この間、百人ぐらいの通行人が、路上のリンゴに群がり次々と持ち去っていった。
道路の反対側で雑踏警備にあたっていた大阪府警東署員が異常に気付き駆けつけたが、リンゴはほとんど持ち去られた後。
長尾さんは「”試食していただいても結構です”の看板を出していた私が悪かった」とうなだれるばかり。
同署員がしきりに被害届を出すように説得したが、応じず、午後四時すぎまでに、残ったわずかのリンゴを売りつくし、弘前へ戻っていった。



大阪でおこった青森りんご事件っていつおこりましたか? - 教えて!

当時大阪の有名人が「恥ずかしい。」とコメントし、ニュースステーションで久米宏もコメントしてました。
新聞に記事と荷台にむらがる人の写真も載ってました。
後でどっかの新聞社がキャンペーンをやって代金の募金を集めましたが、被害額にはおよばなかったです。(^^;



http://www.unkar.org/read/mamono.2ch.net/newsplus/1200453887

56 :名無しさん@八周年[]:2008/01/18(金) 17:24:03 ID:CzWbmrBm0
>>54
大阪人はリンゴ事件をデマや都市伝説扱いにして、無かったことにしようと
してるというのに、青森の人は毎年大阪にリンゴを寄付し続けている…

なんか泣けてくる。

57 :名無しさん@八周年[]:2008/01/18(金) 18:16:06 ID:m/HJqfGh0
>>52
りんごの被害総額40万円 > 大阪新聞のキャンペーンで集まった寄付31万2500円

>「大阪のイメージダウンになるのはたまりません」と10万円をボンと寄付する団体も現れた。
>青森出身の舞踏家・江口乙矢さんも3万円を寄託。

つまり、純粋に府民の寄付として集まったのはたったの18万円という「お詫びの寄付もいっぱい」
大反響なのに寄付が少額しか集まらないのは、やはり大阪の人間は 「人間性 < 小銭」 ということを示している




その後、大阪市では道徳教材にもなったらしい。
2ちゃんねるの同じスレで、授業風景について。

69 :名無しさん@八周年[]:2008/01/20(日) 15:05:33 ID:LrLE2Bl70
>>54
その事件、平成に入ってから大阪市の道徳教材にもなったよ。今は知らないけど。
父親の転勤で大阪の中学校へ通ってたときに習った。
ただし、道徳というより青森のおじさんを嘲るような取り扱いだった。
教材は大阪新聞の記事とコラムで、教師が読むだけ読んでから
「はー、ほーでっか、と。ほな皆で意見言うてや」といいかげんに投げ、出た意見は
アホかー、とか、どんくさい百姓が悪いんちゃう?とか、試食してええ書いとったんやろとか
そんなのばっかりで、結論は「百姓が悪い」。
俺の番になったとき「青森の人にも隙や落ち度はあったかもしれないけど、勝手に取るのはよくないと思う」と言ったら
なんやおまえ、百姓の味方するんか、ああ?とか、おのれも百姓やろ、死んだ方がええんちゃう?とヤジが飛び
しまいにクラス全員が「ひゃくしょー! チャチャチャ ひゃくしょー! チャチャチャ」の大合唱。
どんどんエキサイトして「こらよそもん、土下座せえや」「そうやそうや、土下座して詫びんかい!」と暴力的になり、
取り囲んで袋叩きにされそうになった。
その時教師が止めに入ったんで助かったけど、「まあまあ自分ら、たいがいにしとき」となだめただけで
叱る様子もなかった。
大阪はこういう土地柄なんだという印象を強く持った出来事だったよ。










なお、青森弁風の方言で泣き落としてリンゴジュースを売りつける訪問販売は、一種の名物となっているようです。
http://www6.ocn.ne.jp/~non119/kotoba/osyaberu/2006/6-1.html

あきらかに訛りのある口調。手には2.3枚のリンゴジュースのチラシ。
でたっ!『青森のリンゴジュース売り』だっ!!
昨年秋頃からお客さんからちょくちょく噂に聞いていたあの『青森のリンゴジュース売り』が、ついにうちにもやってきたのだっっっっ!!!!

『青森のリンゴジュース売り』はいわゆる訪問販売なんだけど、これが昔ながらのお情け商法で、買わされた人も、なんだか憎めない様子で微笑みながらその時の話をしてくれる。被害者が心の被害者にならないなんて、すばらしいテクニックの持ち主ではないか。いつかうちにも来てくれないかなあ…とずっと思っていたのだ。



泣き落としだけではなく押し売りもあるそうです。2009年11月26日の『とくダネ!』。
木こりマスターの気まぐれブログ:押し売り

気の良さそうな若者が、お年寄りの家に行き「私のおじいちゃんが作った(みかんやりんご)物です、買っていただけませんか?味見もして下さい!」と安心させといて、お年寄りも、一つ二つなら買ってあげようと、「二つ下さい」と言うと、外で待っていたガタイのよい恐い人相の仲間が、二箱持って来て、「二つ=二箱ね、一万〇千円」とか言うらしいですね。

拒否すると、家の中に上がりこんだり罵声をとばしたり、お金を出すまで帰らないそうです。



にわか仕込みの東日本言葉は、バレる人にはすぐバレてしまうという話
青蛙のたび 今日のできごと

◆ リンゴやミカン、果物の押し売り被害増加
うちの事務所にもキタヨー。「青森のリンゴ農家だー、リンゴ買ってけろ~」、青蛙:「ごめんねぇ、おらほの本家さ、岩手のリンゴ農家だー」 、「あ、そうですか。(標準語)」 フツーに喋られるじゃん・・・






大阪で起きたもうひとつの略奪についても記事としました。
ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)を食べる話と、1990年9月30日大阪花博最終日の花泥棒たちについて
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報



コメント

ふぅむ
賠償したのはいいが
略奪は褒められた行為じゃないねぇ

  • 2012/09/17(月) 11:19:56 |
  • URL |
  • 名無しさん@ニュース2ちゃん #-
  • [ 編集 ]

「百人ぐらいの通行人」が「りんご80箱」を持ち去るのは無理。この話には裏がある。

  • 2013/04/03(水) 03:33:05 |
  • URL |
  • 名乗らず立ち去るかっ #3k2uny7Q
  • [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2016/06/12(日) 16:30:02 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/487-cf8db35f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。