PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実験器具「アスピレーター」でマイクロバブルを作れる、という話

イヌを洗ったり、熱帯魚の水槽のゴミを浮かせて取り除いたりするのに使うらしい「マイクロバブル」入りの水。

シャワーでの自作は
節水シャワーのホースを切る→
実験器具の「アスピレーター」を挟んで止める→
アスピレーターの吸入穴をゴムキャップなどでふさぐor針穴程度に狭める→
シャワーを付け替え

蛇口での自作は
実験器具の「アスピレーター」を蛇口につける→
アスピレーターの吸入穴をふさぐor狭める

でいいらしいですが、アスピレーターはショッピングサイトではなく実験器具の店やサイトで買うことになるので、それ関係のメモ。なお、自作は完全に自己責任となります。水圧で事故らないようお気をつけて。

以下は破損した人の例。
http://review.rakuten.co.jp/item/1/205436_10000573/1.1/

マイクロバブルで破損
マイクロバブルで使用2ヶ月で壊れた。
アスピレーター接続部分から湯が噴きだした。
オレはこのショップがマイクロバブルに使えると謳う前からマイクロバブルに使用していたが、、、
はっきり言って自作なんで保険も無いし、人に勧める時は使用上の注意点も伝えている。
この会社は安易にマイクロバブルの使用出来ると書いているけど、PL法適用外だからあんまり大々的に書かないほうがいい。
売る側が改造に勧める商品では無い。
湯沸かし器が破損したり、火傷したとき責任とれんの?って話。
使い方知らないと、湯沸かし器壊れるよ。
まあ、このショップは送料1,000円取って宅配便で送ると言いながら、160円のメール便で送ってきて、尚且つ差額の返金に応じようとしない誠意のない会社だから(結局切手で返金。電話代は当方負担)適当なことは分かっていたが、マイクロバブルはあくまでアスピレーターを応用した自作品だからショップが勧めるのは止めとけよ。問題が起きる前にな。



シャワーヘッドの市販品。

シャワー型マイクロバブル発生器 ベスティ(カートリッジ付)
マイクロバブルシャワー「ベスティ」の使用感想をお聞かせください。 - 教えて!goo

アスピレーターでマイクロバブルを作る技術内容関係。平成12年(2000)がスタートのようです。
http://y-page.yatsushiro-nct.ac.jp/u/nawata/student.htm

平成12年度
三又 淳平 ネオテクノ
神益 達宏 牧野フライス製作所
アスピレータを利用したマイクロバブル発生装置の性能評価

内容(pdf) アスピレータを利用したマイクロバブル発生装置の性能評価

アスピレータは容器内の空気を抜くために使われる簡易水流ポンプであるが、今回我々はアスピレータがマイクロバブル発生装置として有効に使用できることを見出した。発生の原理は、流入した水はAを通ることにより旋回流となる。旋回流の中心では真空状態にあり、そこで水に溶けている空気および流入した空気が気泡となり放出される。いわゆるキャビテーションの原理である。


魚への利用。
鳥取県中山間地域の活性化を目指した休耕田利用によるホンモロコ養殖 鳥取大学農学部獣医学科 斎藤 俊之
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu8/002/gijiroku/07091302/005.pdf

図4 に示したように、空気を吸入させた場合には大きいバブル(吸入量531cc/min)のほうが、マイクロバブル(吸入量6.7/min)よりもDO濃度の上昇率が大きかった。このことはアスピレーターによるマイクロバブル発生では吸入空気量が少ないために、一定時間内に水中に取り込む酸素量が少く、大きいバブルでは大量の空気を吹き込むことによって水中への酸素取り込み量が増加したものと思われた。一方、酸素を吸入した場合には、バブルの大きさによる差がみられなかった。この場合マイクロバブル発生装置を使うことにより大きなバブルの約1/140 量の酸素で同様の効果が得られることが明らかになった。

酸素を水に溶かすとき、少ない量の酸素で済むのがマイクロバブルの利点だそうです。

アクアリウムへの利用。2007年。
ふなブログ: マイクロバブルの実験パート1
ふなブログ: マイクロバブルの実験パート2、完結編

理化学用品にこんなものがあるなんてー
もともと、気体と液体を混ぜる為のものです。
あとは真空ポンプ代わりに使うらしいです。本当はね。
アクアで使っているのは俺だけでしょうね。

ふなブログ様ではシャワー改造もされています。2009年。
ふなブログ: マイクロバブルのシャワーヘッド改造パート1
ふなブログ: シャワーヘッドのマイクロバブル化パート2

犬への利用。改造工程の写真がわかりやすい。
ティナ母はマイクロバブル作りに夢中! - トイプードル ♪ ティナ です♪

「今日からあなた達もマイクロバブルのシャワーよ」
張り切って自信満々の私

ところがお父さんとお兄ちゃんにからは
「お湯の出が悪くなった」
「お湯がぬるい」
と・・・不評です

水圧は当然ながら下がるため、節水タイプではない家庭用シャワーは問題がありそうです。

アスピレーター各種について。

金属:真鍮にクロムメッキされたもの。たいていのサイトでレビューされているのはこれ。2000円台。
http://www.monotaro.com/g/00101038/?displayId=23&dspTargetPage=1
http://item.rakuten.co.jp/hidamari/kn3136780/

テフロン:「金属製とことなり、水アカ、さびが発生しません」らしい。3000円台。
http://www.kokugo.co.jp/shop/goods/goods.asp?goods=01-415-01-01

ポリプロピレン:1000円台後半~2000円台。
http://www.monotaro.com/g/00101035/
http://www.tech-jam.com/science-equipment/aspirator/KN3327080.phtml

専門書。マイクロバブル・ナノバブルの最新技術 (新材料・新素材シリーズ)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/423-5ab77f6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。