PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の夢を守るのか、なかのひとを見せつけたいのか。学研の図鑑『大むかしの動物』(1972)


見るからに時代を感じる、学研の図鑑。
中身は肉食恐竜がゴジラ立ちしている絵が懐かしい、ふつうの古生物系読み物。
最初のページ「きょうりゅうとかいじゅう」が、とても強烈なので紹介します。

きょうりゅうとかいじゅう
まずは写真から。

いろいろと微妙なガメラの説明

ガメラ(かいじゅう)
カメをもとにしてつくったもので、こうらがはずれて人間がはいる。のどのところから、外が見られるようになっている。身長60メートル。体重80トン。空を飛ぶ。海をおよぐ。口から火をふき出し、石油や石炭のもえる火がすき。などのとくちょうがある。


着ぐるみの解説と、怪獣の解説、そして写真が絶妙なつながりです。おみごと。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/263-e661f3b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。