PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔術士オーフェンの後日談らしい『あいつがそいつでこいつがそれで』と、過去の『氷海口碑』について

富士見ファンタジア文庫での人気シリーズだった『魔術士オーフェン』。
2003年の本編最終巻短編最終巻、2005年のスレイヤーズとの合作本/CD以後は音沙汰なしでしたが、著者の秋田禎信氏のサイト『モツ鍋の悲願』で2008年9月4日より、本編の後日談が『あいつがそいつでこいつがそれで』として人名を伏せた状態で連載されています。

2009-04-05 追記 完結したので、一気読み用のリンク。
http://www.motsunabenohigan.jp/note/2008note/200809nt.htm
http://www.motsunabenohigan.jp/note/2008note/200810nt.htm
http://www.motsunabenohigan.jp/note/2008note/200811nt.htm
http://www.motsunabenohigan.jp/note/2008note/200812nt.htm
http://www.motsunabenohigan.jp/note/2009note/200901nt.htm
http://www.motsunabenohigan.jp/note/2009note/200902nt.htm
http://www.motsunabenohigan.jp/note/2009note/200903nt.htm
http://www.motsunabenohigan.jp/note/2009note/200904nt.htm
(追記ここまで)


"あいつがそいつでこいつがそれで"のgoogle検索結果 現在78 件

かつてホームページから消されてしまった『エンジェル・ハウリング』世界のストーリー『氷海口碑』の前例があるので、いつまで続くかは不明ですが、しばらくは毎晩の楽しみが増えました。

氷海口碑については、always... one more time などで言及されているほか、2chのスレッド上ではたまにコピーされていたりするようです。
ここではどこにあったかをWebアーカイブでリンクし、本文は転載されていたものについてリンクしておきます。

モツ鍋の悲願の旧サイトから、「書き物」のページへいき、「氷海口碑」をクリックします。序章が表示されます。文字化けしたときは適当に文字コードを変えれば読めます。

序から先はアーカイブに無いので、ファンタジー、ライトノベルを書こうスレに転記された695~700、704~707を参照することになります。これ以降は不明。
(2008-11-22追記:本日更新の作者の「日記」によると、一部分を見つけたそうです。 http://www.motsunabenohigan.jp/note/2008note/hyoukai.htm)

なお、「書き物」のページの「ハードパンチャー・マモル」「Rieヤマモトに捧ぐ物語」はアーカイブされていませんが、「異次元自治会」については読むことができます。

アーカイブを眺めていて、旧・モツ鍋のサイトポリシーと現・モツ鍋のサイトポリシーの違いが気になりました。以下に比較します。

http://web.archive.org/web/20010812233308/www.asahi-net.or.jp/~HB2Y-AKT/oya.html

お約束
このサイトは、秋田禎信が個人的に制作しております。
秋田禎信は文筆業を営んでおりますが、その仕事とは無関係にやっているわけです。よって、このサイトで発表される内容について、出版社等に問い合わせることはご遠慮ください。
もちろんインターネットにて公表されている以上、リンク等を拒む性質のものではありませんが、秋田禎信が、仕事を離れて、あくまでプライベートなものとして制作しているサイトであるということを考慮していただければ、と思います。
特に、秋田禎信の作品について取り扱っているサイト等から、いわゆる「作者の作っているサイト」的な内容を期待させる形でのリンクは行わないほうが、無用な混乱を避けられるのではないかと思っております。
それでもリンクを行うのであれば、連絡は不要です。
なお、このサイトにおけるすべてのデータは、あらゆる意味で転載を禁止します。
ただちなみに、このサイトの作成にあたっては、様々なサイトからフリーの素材を借りております。それらのデータまで転載を禁じる権利が当方にあるはずもなく、また無論、その意図もないのですが、分類するのはさすがに厄介であるため、一応全部含むとしておいてください。
とまあ、いろいろありますが、気楽に参りましょう(^^)ノ。


http://www.motsunabenohigan.jp/info.htm

●当サイトについて●

ご来訪、歓迎いたします。当サイトの制作・管理人の秋田禎信です。
ここからはしばし、退屈なテキストでお目汚し失礼いたします。
秋田禎信は主にジュニア向け文庫の執筆等をしております。このサイトはその広報と、あるいは仕事だけにこだわらず、秋田がなにか面白げだと思ったものにホイホイと飛びついたりとか、まあ、思いつきと行き当たりばったりです。
特に難しいことはありませんし、気楽に眺めて楽しんでいただければ幸いです。
以下は、一般的なことも含みますが注意点等をまとめてみました。

当サイトの制作・管理をしているのは秋田禎信です。
当サイトで使用されているテキスト、画像、その他のデータは、個人的利用以外の目的で使用・複製・販売しないでください。
サイトの制作は IBM HomePage Builder 2001 を使用しています。確認は Microsoft Internet Explorer 7で行っています。
当サイトへのリンクは自由にしてくださってOKですが、予告なしにサイト構成が変わることもありますので、リンクしていただけるのであればその際にはご注意ください。
仕事の広報における公式性について:もちろん意図的な嘘を流すというわけではありませんが、出版はわたし個人だけで行うものではありません。時にはわたしの意図しないところで予定が変わったり、ずれたりすることもそれほど珍しくはないのです。当サイトで発表した出版予定等が出版社の発表と食い違っていた場合、恐らく出版社のほうが正しいはずです。
「レイアウトがつまらん、手抜きだ」という意見もあるでしょうけれど、わたしは見やすいサイトのほうが好きなので……
後半ただの言い訳じゃん!


この記事の続き → どうやらソリッドファイター完全版と同じような形式になりそうな、オーフェン後日談

2009-09-14 モツ鍋へのリンクで2009年分が間違っていたので修正しました
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/244-ac78c21f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。