PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天袋に住みついていた女を発見することができた、最近のメール送信可能な監視カメラとは。

【2ch】日刊スレッドガイド : あれ?食料が無くなってる→監視カメラ設置→押入れに知らない女が勝手に住んでた→逮捕

福岡で57歳男性の部屋に隠れて住み着いていた58歳女性が逮捕された事件ですが、発見に役立ったメール送信機能付き監視カメラが、どの程度のものなのか気になりました。
詳細な情報はないので、最近では1万円前後で手に入るカメラ
(Amazon)PLANEX 有線/無線LAN両対応ネットワークカメラ(30万画素CMOSセンサ) CS-W04Gのスペックで見てみます。

公式サイトを見ると、このクラスでも相当な実力のようです。

「CS-W04G」は、WEBサーバ機能を内蔵し、単体でもインターネット接続ができるネットワークカメラです。動体検知機能・アラーム通知機能を搭載し防犯・監視カメラに最適です。
使い慣れたWEBブラウザを使い、手軽に外出先から自宅の様子を確認したり、玄関先に設置して監視したりすることができます。さらにIEEE802.11b/g規格対応の無線LAN機能を搭載しているので、天井や壁面などLANケーブルの配線が困難な場所への設置が可能です。

■ネットワーク対応、カメラのみで映像送信可能
■動体検知機能・アラーム機能搭載
■30万画素CMOSセンサ搭載
■有線ポート搭載
■54Mbps無線LAN対応
■WEBブラウザでの簡単設定・モニタリング
■汎用性の高いJPEGを採用
■壁面や天井に取付可能
■カンタンに自分専用のドメインが持てる(ダイナミックDNS機能)
■多機能なユーティリティソフト付属


カメラの設定をすることができた57歳男性も大したものですが、近年の監視カメラの発展にも驚かされます。
電源さえ用意できれば、たいていの場所は監視範囲になりますね。

赤外線センサー式のライトも最近では1500~3000円前後で入手できるようになりました。

動体検知や赤外線センサーといえば、以前は希少な野生動物の撮影に使われる非常に高価な機材だったと思いますが、ずいぶんと身近なものになりました。



自動撮影といえばイリオモテヤマネコだよな……と連想したので関連リンク。

イリオモテヤマネコFelis iriomotensis による環境利用に関する研究
http://subtropics.sakura.ne.jp/files/h13manglobe/h13_mang_2_01a.pdf

イリオモテヤマネコ関係年表
http://park11.wakwak.com/~tulip/private/yamaneko/nenpyou/nenpyou.html

追いかけて、イリオモテヤマネコ(Amazon)
http://amazon.jp/dp/4796608087?tag=betelgeusehom-22

Reptiles Cage: ヤマネコと言えば・・・
http://perenty.air-nifty.com/reptiles_cage/2004/04/post_10.html

野生のイリオモテヤマネコの子供が保護された事がありまして、沖縄のこどもの国動物園というところで飼育される事となり、ちょうどそこの爬虫類園に勤めていたので一般公開されていない子供の頃に、写真をとったり遊ばせてもらったりしました。

年表を見るとケイ太(1979~1992)のことのようです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/199-cc019f8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。