PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLAYMORE(クレイモア) 英語版・スペイン語版・ドイツ語版の解説とリンク

以前astoreにまとめていたものをここに移動。

CLAYMORE 英語版

Viz社が出している英語版ペーパーバック。
3巻妖魔の股間が修正されており(男性器シルエットは削除)
各巻共通で、表紙の戦士の目がホントの銀色塗料です(光を反射します)。
全体的にカラーイラストは濃い色合いに、モノクロイラストも濃い目に印刷されています。
なお、日本版でのカバー下白黒イラストは収録されていません。
レビュー欄には英語版での用語の内容について記載しています。
ストーリーはジャンプコミックスをご覧下さい。

"異常食欲者"の扱いは(very hungry→voracious appetite→voracious eater)と変っています。

比較用として、右側にジャンプコミックス版の表紙。(本来のサイズはペーパーバック版のほうが大きいので注意)






Amazon.comでの英語版レビュー:http://www.amazon.com/Claymore-Vol-1-Norihiro-Yagi/dp/1421506181/

1巻の用語:
銀眼の斬殺者(SILVER-EYED SLAYER)妖魔(YOMA)村長(CHIEF)ザキ(ZAKI)ラキ(RAKI)妖気(MONSTER AURA)上位捕食者(THE FOREMOST PREDATOR)半人半妖( HARF-BREED)クレア(CLARE)銀眼の魔女(SILVER-EYED WITCH)ルヴル(RUBEL)西の町ストラ(STRAH)異常食欲者(VERY HUNGRY *後半で変更あり)黒の書(THE BLACK CARD)シーレの山(MOUNT SHIRE)印(UNIQUE MARK)エレナ(ELENA)




2巻の用語:ルノア時代(RUNOA PERIOD)オーギュスト(AUGUSTE)聖都ラボナ(THE HOLY CITY OF RABONA)隠密作戦(COVERT OPERATION)薬(PILLS)妖魔を見抜く(SENSE YOMA)貴族(ARISTOCRAT)娼婦(PROSTITUTE)大聖堂(CATHEDRAL)洗礼の間(BAPTISMAL HALL)ヴィンセント(VINCENT)リムト(RIMUTO)スタフ(SUTAFU)ガーク(GALK)異常食欲者(VORACIOUS APPETITE)カムリ(KAMURI)ロド(RODO)ガネス(GANESU)シド(SID)






3巻の用語:微笑のテレサ(TERESA OF THE FAINT SMILE)オルセ(ORSAY)テオの町(TEO VILLAGE)77期182番目(SEVENTY-SEVENTH GENERATION WARRIOR NUMBER 182)妖力解放(EXHAUSTING YOMA POWER)盗賊(BANDITS)リグ(RIG)ロクトの町(TOWN OF ROKUT)





4巻の用語:隼の剣(THE FALCON SWORD)ノエル(NOEL)ソフィア(SOPHIA)高速剣のイレーネ(QUICKSWORD ILENA)エルダ(ELDA)プリシラ(PRISCILLA)同業(COMRADES)うかつだった(MISJUDGED)






5巻の用語:組織の掟(THE CARDINAL RULE)限界点(LIMITS)覚醒者(AWAKENED BEING 単体:AN AWAKENED ONE)内臓食べたい(I'M HUNGRY FOR ENTRAILS)あたしの中にテレサの血と肉を(I WANT YOU TO PUT TERESA'S FLESH AND BLOOD INSIDE ME)トリロの町(TORIRO VILLAGE)異常食欲者(VORACIOUS EATER)ヘレン(HELEN)デネヴ(DENEVE)ミリア(MIRIA)パブロ山(PABURO MOUNTAINS)リドの町(VILLAGE OF LIDO)





6巻の用語:幻影のミリア(PHANTOM MIRIA)本物の絶望(TRUE DESPAIR)ナンバーひとケタ(SINGLE DIGIT)腕の伸縮(LIMB EXPANSION)半覚醒(HALF-AWAKENED STATE)タヌキ親父(WILY FOX)ラファエラ(RAFAELA)オフィーリア(OPHELIA)ガラテア(GARATEA)ベス(BETH)アリシア(ALICIA)ゴナール(GONAHL)血塗られた(BLOOD-SOAKED) 意訳?誤訳?「デネヴとは古いのか?」「同期だからな」の付き合いの長さのやりとりが、覚醒しかけた時期への質問と答えに変更されている




7巻の用語:闘う資格(FIT FOR BATTLE)通り名(NICKNANE)黒のアリシア(DARK ALICIA)漣の剣(RIPPLING SWORD)攻撃型の/防御型の(OFFENSIVE/DEFENSIVE)再生(REGENERATION)膂力のソフィア(MUSCULAR SOPHIA)疾風のノエル(STORM WIND NOEL)一本角の化け物(ONE-HORNED MONSTER)内臓食べたい(I WANT GUTS)




8巻の用語:魔女の顎門(THE WITCH'S MAW)エルミタ(ERMITA)ザコル(ZAKOL)カティア(KATEA)ダフ(DAUF)ジーン(JEAN)下位ナンバー(LOW-NUMBERED WARRIOR)もっと飯を食え(YOU NEED TO EAT MORE)三強(POWERFUL THREE)深淵の者(THE CREATURES OF THE ABYSS)西のリフル(RIFUL OF THE WEST)




9巻の用語:イースレイ(ISLAY)アルフォンス(ALFONS)エバ(EVA)ケイト(KATE)ルシア(LUCIA)ピエタ(PIETA)フローラ(FLORA)ウンディーネ(UNDINE)ベロニカ(VERONICA)シンシア(CYNTHIA)イライザ(ELIZA)リリー(LILY)クィーニー(KEENY)ゼルダ(ZELDA)エメリア(EMELIA)ウェンディ(WENDY)タバサ(TABITHA)パメラ(PAMELA)クラウディア(CLAUDIA)ナタリー(NATALIE)カルラ(CARLA)ユマ(UMA)マチルダ(MATILDA)ユリアーナ(YULIANA)ディアナ(DEANA)




10巻の用語:筋肉馬鹿(MUSCLE-BOUND)下位戦士(LOW-RANKER)ドガの村(DOGA VILLAGE)銀眼の獅子王(THE SILVER-EYED LION)ピエタ侵攻(THE ASSAULT ON PIETA)獅子王リガルド(RIGALDO, THE LION)雑魚(SMALL FLY)




11巻の用語:精神の共有(SHARE ONE MIND)南のルシエラ(LUCIERALUCIELA OF THE SOUTH)




12巻の用語:クラリス(CLARICE) 秘剣影追い(SECRET SWORD SHADOWCHASER) ザルツ(ZARUTSU) 幻影(PHANTOM MOVE) 風斬り(WINDCUTTER) ニーナ(NINA) ルネ(RENÉE) ラド(RADO) ミアータ(MIATA) オードリー(AUDREY) レイチェル(RACHEL) 柔の剣(THE GENTLE SWORD) 剛の剣(THE STRONG SWORD)




13巻の用語:南の深淵の者(THE ABYSSAL CREATURE OF THE SOUTH) このカリは高くつくわよ(YOU'LL PAY DEARLY FOR THIS) 幼き凶刃(A CHILD WEAPON) 戦士の矜持(A WARRIOR'S PRIDE) ローズマリー(ROSEMARY) ゴダルの丘(GODAL HILL) 凶戦士(WICKED WARRIOR) ヒルダ(HILDA)




14巻の用語:幼き凶刃(A CHILD WEAPON) シスターラテア(SISTER LATEA) 色つき(DIRKHAIR)(THE MUDHAIR) 鮮血のアガサ(BLOODY AGATHA) 南の地ミュシャ(MUSHA, IN THE SOUTH)

15巻英語版からは表紙が大画像で見れます



15巻の用語:神眼のガラテア("GOD-EYES" GALATEA) 多くの人種と多くの国(MANY COUNTRIES AND MANY PEOPLES)[※"RACE"ではない配慮あり]  龍の末裔とも言われるような強固な外皮をもつ人外の種族(A NONHUMAN TRIBE THAT POSSESSED INPENETRABLE HIDE AND WERE SAID TO BE DESCENDENTS OF DRAGONS) 人自体を変化させ化物に変える悪魔の兵器(AN INFERNAL WEAPON THAT CHANGED HUMANS INTO MONSTERS) 覚醒者の実験場(A TEST SITE FOR DEVELOPING AWAKENED BEINGS) ガルム(GARM) リロ(LERO) ロートレク(LAUTREC) トゥルーズ(TOULOUSE) 黒服(WATCHERS)




16巻の用語:大地の鬼哭(THE LAMENTATION OF THE EARTH) 戦火の大陸(THE WAR ON THE OTHER CONTINENT) 悪魔(A DEMONIC EXISTENCE) 覚醒体(AWAKENED FORM) 化物に近い人(HUMANS WHO POSSESS MONSTROUS QUARITIES) 人型の化物(MONSTERS IN HUMAN FORM) 深淵喰い(ABISS FEEDERS) ディートリヒ(DIETRICH)




17巻の用語:記憶の爪牙(THE CLAWS OF MEMORY) 離反者ガラテア(GALATEA THE RENEGADE) 追跡者ディートリヒ(TRACKER DEITRICH) あの馬鹿(THAT IDIOT) 深淵狩りを施行する(THE ABYSS HUNTERS HAVE BEEN MOBILIZED) 本当の地獄はここからなんだ(THE REAL HELL IS JUST BEGINNING) ラファエラとルシエラの融合体から吐き出された破壊するものの断片(FRAGMENTS OF THE DESTROYER, SPIT OUT FROM THE FUSED FORM OF RAFAELA AND LUCIELA)




18巻の用語:ロートレクの灰燼(THE ASHES OF LAUTREC) 理想たる完全兵器(TRULY THE ULTIMATE WEAPON) ダーエ様(LOAD DAE) ティチェリ(TICELLI) 




19巻の用語:幻影を胸に(PHANTOMS IN THE HEART) 蜃楼の月(SHINRO MOON) ラフテラ(RAFUTERA)




20巻の用語:魔爪の残滓(Remains of the Demon Claw)女帝リフル(EMPRESS RIFUL) 流麗のヒステリア(HYSTERIA THE ELEGANT) 三つ腕のリヒティ(THREE-ARMED LICHT) 重剣のクロエ(CHLOE OF THE HEAVY SWORD) 天啓のシスティーナ(SISTINA THE DIVINE ORACLE) 愛憎のロクサーヌ(ROXANNE OF LOVE AND HATE) 万有のルテーシア(UNIVERSAL LUECIA) 塵喰いのカサンドラ(CASSANDRA THE DUSTEATER) ニケ(NIKE) フィーナ(PHINA) 羽根持ちのアナスタシア(WINGED ANASTASIA) キーラ(KEIRA) 



21巻の用語:魔女の屍(Corpse of the Witch)ロクウエルの丘(ROCKWELL HILL)エリザベス(ELIZABETH)ウラヌス(URANUS)ネイディーン(NADINE)



22巻の用語:新規用語なし




23巻の用語:戦士の刻印(MARK OF THE WARRIOR) リムト(LIMT) アサラカム(ASARAKAMU) (DESCENDED FROM DRAGONS) クロノス(CHRONOS) ラーズ(LARS) 沛艾のオクタビア(OCTAVIA THE WILD HORSE) シド(SID) ガーク(GALK)






24巻の用語:冥府の軍勢(ARMY OF THE UNDERWORLD) 怠惰のエウロパ(EUROPA THE LAZY)




25巻の用語:赤壁のバイオレット(Violet of the Red Cliffs) 砂塵のアビゲイル(Abigail of the Dust) 刎頸のレティシア(Laetitia the Decapitator) リーナ(Rina) ニケ(Nike) テスラ(Tesla) クラリッサ(Clarissa) ドミニク(Dominic) ノーマ(Norma) ミネルヴァ(Minerva) この巻、人名と異名は小文字が入ります




26巻の用語:新規用語無し




27巻の用語:




http://blog.zaq.ne.jp/claymore224003/article/4/

イレーネの謎
某サイトの管理人さんにイレーネの綴りはILENAが正しいと言ったんですが…
実際、広く使われてるのはIRENEなんですよね….

イレーネの名前が Irene(違法翻訳)/ Ilena(公式版) になるなどのずれは
正式翻訳版がでる前に、海外ファンにより日本語から適当に訳されてしまう→
イラストサイトなどで、どうしても英語名を入れたい日本人によりその英語名が利用される→
海外ファン、それをみて公式と誤解し wikipediaなどに記載する→
日本人、それを参照してさらに というループ。

日本人の、アルファベットで書くとなんとなくかっこよく感じる習性が直らない限り、こういった現状はなくならないと思われます。


履歴:
2008-07-05 スペイン語版が昨年に出ていたようなので、リンクのみ追加しタイトルに「スペイン語版」を追加。購入予定はいまのところありません。英語版についてAmazon.comへのリンクを追加。
2008-09-09 11巻のルシエラのスペル修正。12巻の用語追加。14巻の表紙とリンク追加。
2008-11-13 13巻分を追加。
2009-07-17 Tokyopop GmbH社(Daniel Buechner訳)のドイツ語版1~7巻表紙とリンク追加。これについても現在購入予定なし。
2009-11-14 9巻画像リンク切れ修正。15巻の用語追加。
2010-05-02 リンクの更新。
2011-11-03 19巻の用語追加。
2013-10-16 23巻の用語追加。
2014-10-02 24巻の用語追加。
2015-04-03 25巻の用語追加。 26巻新規用語なし、書影追加。

このブログのクレイモア関連まとめ
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/blog-entry-89.html
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:クレイモア - ジャンル:アニメ・コミック



コメント

クレイモアは全世界に広がる

クレイモアは英語版以外にスペインでも販売されているのですね。
教えていただいてありがとうございます。

  • 2008/09/16(火) 18:16:29 |
  • URL |
  • CLAYMORE(クレイモア) 英語版 #MBCO2h.A
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/179-34ec74b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。