PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餌付け欲、エサやり欲を定量的に表せないものか。

野鳥にエサをやる、野良猫にエサをやる、魚にエサをやるなどの餌付け行為。

エサをコントローラーとして生物を動かす楽しみ、
エサを用いた主従関係や友情関係と思いこめる関係を築く楽しみ、
ペットとした場合の抜け毛や糞や嘔吐物や死体や寄生虫などの不快な部分をすべて回避できる、
などのいくつかの優れた娯楽要素を持っています。

客観的にみて公共空間や水系に生ゴミを捨てる(エサとされた分は糞、エサにされなかったものは汚染物質)行為ではありますが、対象の生き死にを左右しているという優越感を味わうには最適です。

さて、娯楽、つまり現実逃避につきものなのが中毒性です。

中毒者が自分は中毒ではないと言い切る点においては餌付けも同様です。この、「エサをやることにより発生している快楽」を何らかのかたちで測定できないものか。

餌付けが社会的に良くないことである、という背徳感を楽しんでいる場合は判定が難しいかもしれませんが、脳のはたらきを調査してる方々にはぜひ調べてほしいものです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/138-428f9185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。