PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦姫絶唱シンフォギアGX 1話。第3期はK2を達磨落とし。そして謎の敵。実に楽しい!今回の災厄は津波&洪水と予想しておく

みんなのシンフォギアが帰ってきました。
1期の敵は、月を壊したい古代の亡霊。
2期の敵は、月の落下を阻止したいテロリスト。
3期の敵は、魔法少女と自動人形たちが出てきましたが、どんな目的でしょうか。

第2期の英雄、ナスターシャ教授は遺体となって地球に帰還…の途中でシャトルが事故。シンフォギア装者3人がK2を削る。
マリアと翼はロンドンでライブ。キスで人を殺し大剣を振るう人形ファラが敵として現れる。
新キャラのエルフナインが箱っぽい謎グッズを持って逃げる。銭投げ人形レイアはどこかに誘導してるようだ。
響は火災現場で新キャラのキャロルと遭遇。オヤジが火あぶりになったのを回想しながら魔法をぶっ放してくる敵。錬金術が世界を壊すとか万象黙示録を完成とか、相変わらず不思議な面白セリフを並べてきます。
「これが奇跡を殺すと言っている」にはどういう意味があるのやら。

使われた歌は
RADIANT FORCE(シャトル救出、3人合唱)
星天ギャラクシイクロス(翼とマリアのライブ)
限界突破 G-beat(響の戦闘曲)
Glorious Break(水樹奈々の歌、スタッフロール)
の4本。
Glorious Breakは第1話限定のED曲のようです。

クリスの兎キーホルダー原案としてクリス役の高垣彩陽がクレジットされてました。

感想










あいかわらずの遊戯王演出も。



気付かなかった誤字



そういやそういう世界だった





シンフォギアとシンフォギアGでは「フィーネ」「ノイズ」で関連していて、やり残し的な「月の落下」「融合体の響の治療」もありました。
シンフォギアGとシンフォギアGXではまだ関連物が見当たりませんが、どんなふうに出てくるんでしょうか。


「偉い人に怒られた7話目」とはいったい…。楽しみ。



2015-07-08 追記
今回のストーリーというか世界災厄は洪水と津波、奪い合うのはノアの箱舟と勝手に予想しておきます。2期でネフィリムも使われてたし、3期の冒頭は世界の屋根だったし。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:戦姫絶唱シンフォギア - ジャンル:アニメ・コミック



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/1217-de4bc5b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。