PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母ヒヒを殺したヒョウは子のヒヒをかわいがるけど翌朝に死ぬ(2006年)

ヒョウは母猿を狩ったけど子ザルを自分の子のように扱ってる!という2006年のナショナルジオグラフィックで放送された動画。
無数の違法コピー動画のほか、2014年にYouTubeにWildlife Filmsの公式動画が公開されています。

Incredible leopard and baby baboon interaction - YouTube



ボツワナのオカバンゴ・デルタで、Legedema(ラハディマ) というヒョウを観察するジュベール夫妻により撮影されました。

デレック&ビバリー・ジュベール(Derek & Beverly Joubert)

ナショナル ジオグラフィック協会専属のエクスプローラー。“保護”という人生の使命をもって野生動物や自然を撮り続けている。過去4度のエミー賞、ならびに1度のピーボディー賞を受賞。主にアフリカで活動している彼らのワイルドライフ・フィルムズという組織は、25年間にわたりさまざまな野生動物の姿を追い続けてきた。ジュベール夫妻の作品はすべて共同製作で、夫のデレックが監督兼撮影、妻のビバリーは音声のほかプロのカメラマンとして写真を撮影します。自然界からのメッセージを観客に伝えると同時に、野生動物の保護につなげていくために活動を続けている。



この動画内容について
How one leopard changed its spots ... and saved a baby baboon | Daily Mail Online[archive]
ZOE BRENNANによる、2006年12月14日の記事

From the bedraggled pelt of her kill crawls a tiny infant - a one-day-old baboon.


The film crew kept watch through the night. "Several times, the baby baboon fell out of the tree," says Joubert. "Each time, Legadema raced down to pick her up before the hyenas descended, and carried her back up to safety.
"The baboon clearly thought of Legadema as a surrogate mother. For several hours, they nestled in the tree."
He adds: "Legadema was like a cat looking after her own kitten, rather than predator and prey. She was part inquisitive cub, part mother -and forgot momentarily that she was a hunter. It was quite extraordinary and very moving to watch."
Tragically, when morning came, the camera team realised that the tiny baboon was no longer showing signs of life. "We think it was simply too small to survive the night without its natural mother and the sustenance she could provide," says Joubert. "As the sun came up, Legadema realised that the baby had died, and moved on."



狩った母ヒヒにしがみついていた生後1日目の子ヒヒをヒョウは一晩保護。子ヒヒもヒョウに懐いていた。翌朝に死んだ。

Eye Of The Leopard premieres on National Geographic HD Channel on Sunday, December 17, at 8pm and launches the new channel Nat Geo Wild in March 2007



「Eye Of The Leopard」は2006年12月17日午後8時にナショナルジオグラフィックのHDチャンネルで初放送された90分のドキュメンタリー番組。

日本語版の公式ページ。このヒョウについての特集はNATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2007年6月号に掲載されました。


特集:ボツワナで生き抜くヒョウの母娘 2007年6月号 ナショナルジオグラフィック NATIONAL GEOGRAPHIC.JP[archive]

ボツワナ北部、オカバンゴ・デルタにあるモンボ地区の、コクタンとアカシアのうっそうとした木立の中でこの親子を発見した私たちは、子ヒョウの成長を追うことにした。
 この子ヒョウは、ラハディマ(セツワナ語で「空から降り注ぐ光」という意味)と名づけられた。



番組プレビュー

Eye of the Leopard - YouTube



Eye of the Leopard をオンラインで鑑賞 | Vimeo オンデマンド
一週間4.99ドル、いつでも視聴&動画ダウンロードが9.99ドルとなっています。

DVDは2007年に発売され、現在(2015年6月29日)の価格は14.42ドル。


Eye of the Leopard - Wikipedia, the free encyclopedia
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/1214-01133d52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。