PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「俺オタクっすよ、ワンピースとか」層にたどり着いた作品はドンキのゲームコーナーへと並ぶ

スラムダンク。ドラゴンボール。ONE PIECE。進撃の巨人。ラブライブ。初音ミク。
これらのキャラクターグッズは、雑貨量販店「ドン・キホーテ」出口のゲームコーナーで、機械に小銭を投じて賭けで手に入る物品(プライズ)として飾られています。

ドン・キホーテのゲームコーナーは、「繁華街で消費される国民的娯楽にたどり着いたキャラクター」が分かる場所として機能しています。

漫画「キングダム」、古代中国で秦が大帝国を作る直前を描いた荒唐無稽な活劇。
勇将が巨大な馬に乗り巨大な武器を振り回すと敵がバターのように切れ、知将がその策謀を繰り出すと敵は手品のように包囲殲滅される。
面白さに定評があって、コミックは売れているしアニメにもゲームにもなっていますが、それらは「俺オタクっすよ、ワンピースとか」層にアピールするものではなかった作品です。

そして、芸人が奨めたということにより、臨界を超えました。
“キングダム芸人” 効果で漫画「キングダム」完売店続出!「アメトーーク!」の爆発力 | ほんのひきだし

進撃の巨人と同じく、「俺オタクっすよ、ワンピースとか」な層の人にもっと普及できるはずとは思う。

2015/06/04 11:32


娯楽作品は、作品そのものの楽しさ以外に、それをどう消費して楽しむかで3段階あります。

1. 目利きし「俺がまっさきに気づいた」と言いたい
2. 目利きたちから広まりはじめた作品を「俺は早くから気付いていた」と言いたい
3. 「みんなが楽しんでいるし俺も楽しんだ」と言いたい

ようやく「キングダム」は、3段階目、ドン・キホーテのゲームコーナーに並ぶ資格を得たように思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/1208-510ddf3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。