PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物イラスト。架空のキマイラ「丸耳・黒ゴーグル・しましま尻尾のタヌキ」、日本には稀な「黄色いクチバシのカラス」

タヌキは実在の動物と、直立する福ダヌキ置物と、海外の帰化動物アライグマが混ざって、丸耳・しましま尻尾・黒ゴーグル顔のイラストとなったようです。

日本でよくいるカラス2種はまっ黒ですが、クチバシが黄色で足がオレンジ色のものも海外にはいます。この配色はディズニーアニメで使われ、その印象が日本国内向けイラストでも使われているようです。
日本のハシブトガラスやハシボソガラス:全身が黒
ヨーロッパからアジアの高山にいて冬に低地に来る、日本では稀なキバシガラス:オレンジ色の足と黄色いクチバシ

タヌキ





「タヌキ 写真」
タヌキ 写真 Google 検索
「タヌキ 置物」
タヌキ 置物 Google 検索
「アライグマ 写真」
アライグマ 写真 Google 検索
「タヌキ イラスト」
タヌキ イラスト Google 検索




カラス

カラスはまっ黒なのに、なぜ黄色クチバシと黄色足になるのか?






「カラス イラスト」
カラス イラスト Google 検索


現実のカラス
「カラス 写真」
カラス 写真 Google 検索



(1) 黄色いクチバシ、オレンジの足のキバシガラス(Yellow billed Chough)はヨーロッパからアジアにかけている
キバシガラス「Yellow billed Chough Google 検索」
キバシガラス Yellow billed Chough Google 検索
1200年ごろのイラスト Panchatantra(Wikipedia)
クチバシの黄色いカラス Panchatantra - Wikipedia, the free encyclopedia



(2) オスは黄色いクチバシのクロウタドリ(Common blackbird)はヨーロッパにいる





(2) 黄色いクチバシとオレンジの足のホシムクドリ(Common starling)は北米とヨーロッパにいる




(3) 1939年「みにくいアヒルの子」では鳥のほとんどが黄色いクチバシ、黄色い足だった
ディズニー映画「みにくいアヒルの子(The Ugly Duckling)」
The Ugly Duckling - YouTube


みにくいアヒルの子(1)
みにくいアヒルの子(2)
アヒルや白鳥だけでなく、小鳥(ムクドリ?)もこの黄色クチバシ黄色足のカラーリング。
「アヒル 写真」
アヒル 写真 Google 検索


(4) 1941年「ダンボ」ではカラスが黄色いクチバシ、黄色い足だった
ディズニー映画「ダンボ(Dumbo)」、1:02:06 での黄色いクチバシ、黄色い足のカラスたち。
日本では1954年3月12日公開。
Dumbo Full Movie HD 1080p - Cartoons For Children Disney Full Movie - YouTube


ディズニー映画「ダンボ」に登場する黄色いクチバシ、黄色い足のカラスたち
互いをブラザーと呼び音楽を奏でるアメリカ黒人文化に擬したカラス。(参考:ミンストレル・ショー - Wikipedia

アニメ伝統のこの配色が、現実のカラスと合わないことを気にしている人もいる。



Real Crows Don't Have Yellow Beaks- 12/10/04 - Bird Watcher's General Store -[archive]



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/1197-9d824c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。