PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ファブリーズ除霊」の初出は「ファブリーズが一時的に効いたように見えたが効果が無かった」話だった

手短に:
柴田誠( @makoto_shibata )氏が2003年発売の和風ホラーゲーム「「零~紅い蝶~(ゼロ あかいちょう)」を開発中に、自宅に女の霊が出るようになった。
P&G社の消臭スプレー剤「ファブリーズ」噴霧が一時的に霊を出なくしたように見えたが、結論としては効果が無かった。
除霊にファブリーズという各種の話は、ここがきっかけのようです。

2003年テクモのゲーム公式サイトで「零~紅い蝶~」[archive] の開発秘話 が公開されており、ディレクター柴田誠氏のスタッフコラム「ほんとうにあったはなし」が2004年1月22日に更新されています。

ホラー作品の定番、製作中の怪奇現象をスタッフが語る。
製作中に怪しい声がいろいろ入ったなどのほか、柴田誠氏が自室に女の霊がでたという話を披露しています。
http://www.tecmo.co.jp/product/zero2/column_main4.htm[archive]

これまで霊現象は、ゲームを作っている現場で起きていた。つまり、主に会社で起きていたのだが、今回は私が住んでいる部屋で起きるようになったのだ。



http://www.tecmo.co.jp/product/zero2/column_main4_2.htm[archive]

流し台の方に避難し、おそるおそる部屋をのぞき込んでみると、自分が寝ていた場所に、ぼんやりと白く光るものが見える。
目を凝らすと、細身のセミロングの女性が、私の枕に顔を突っ伏して、やや体を横にして横たわっている。



http://www.tecmo.co.jp/product/zero2/column_main4_3.htm[archive]

前作『零~zero~』を作っているときに、部屋の中に長い髪の毛が落ちているという事件が何回かあった。
その原因が、ここになってはっきりするとは…


※ 零~zero~の時の髪の毛話はこれ[archive]

http://www.tecmo.co.jp/product/zero2/column_main4_4.htm[archive]

それから『零~紅い蝶~』の開発が佳境に入り、あまり家に帰らなくなったこともあるが、その女には会わなくなった。家にいるときも出ない。

そこで、一つ思い当たることがあった。気のせいかもしれないが、なぜか部屋にファブリーズしたときには出ないのだった。
悪臭をとるファブリーズと霊……部屋の空気が綺麗になると霊が来にくくなるのかも…もしくは、霊が空気中のよどみや悪臭の中に潜んでいるのかも…もしかして、すごく重要な発見をしたのではないか?
もちろん、科学的な根拠はないのだが、そんな直感に基づき、
「霊で悩んでいる人は、部屋にファブリーズしてみることをお薦めします」と社内掲示板に書きこんだために、
私は"ファブリーズで除霊した男"として少し有名になってしまった。


これでかなり安心したのかもしれない。

「前作で霊体験をゲームにしたから、霊が私もゲームに出して~って来たんじゃないですか?」
「出現の仕方が毎回違うなんて、サービス精神旺盛ですね。参考になりますよね」
「次はファブリーズで除霊するゲームですか?赤いファブリーズを使うの!…なんて」
「どうせ部屋に女が実際にいた、っていうオチでしょ…」(←断固としていない)
「いいかげん御払いしないと、また来ますよ、きっと!」(←断固としてしない)

などなど…あの"ありえない現象"はもう過去のことになりつつあり、まわりの反応はすでにネタ化しつつあった。

しかし、ゲームが発売されて部屋にいる日も多くなると、ファブリーズは欠かしていないにも関わらず(最近は盛り塩も導入した)、それがまた出始めたのだ…。



http://www.tecmo.co.jp/product/zero2/column_main4_5.htm[archive]

どうにもファブリーズでも解決を見ないので、私はもうすぐこの部屋を出ようと思います。

なお、ゲーム本編には、私の部屋に出た、この突っ伏して動かない女をモチーフにした霊が登場します。ぜひ探してみてください…

(完)


(太字は引用者)





約10年で都市伝説が定着していく話でした。

前半のひょっとして効くのかも?と、後半のやっぱり効かない、という話のうち、前半部分だけが広まるというのも興味深いところです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/1179-154fdd9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。