PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【動画】上空の旅客機は地上から何分ぐらい見えているか

近づいてくる飛行機雲の存在に気づいてから、約10分ぐらい見えてます。


Airplane and Contrail 飛行機が見えなくなるまで(仙台市青葉山公園) 201411-27 - YouTube







飛行機雲
2001年、911テロのあと、民間機の飛行禁止が行われることによって進んだ飛行機の気象への影響の記事。
飛行機雲ができる条件と、その広がりについても書かれていました。
飛行機雲と気象の意外な関係 « WIRED.jp[archive]

大きな飛行機雲は、巡航高度の大気の湿度が十分高く、気温が十分に低い(摂氏マイナス65度から40度)という2つの条件が重なった場合にのみ形成される、とトラビス博士は述べた。


ミニス氏が目にしたのは、それぞれ航空機の両翼の幅ほどしかない6本の飛行機雲が、数時間で2万平方キロメートルにもおよぶ雲提に育っていく様子だった。



飛行機の速度
地上から見える飛行機の動きは「対地速度」。飛行機自体の速度に、空気の動き(風の速さ)が足されたり引かれたりしたもの。
JAL - コックピット日記(南雲恒昌氏)[archive]

ボーイング767の場合、巡航速度は「マッハ0.8」に設定されており、常にこのスピードで飛行するようにしています。ちなみに、上空1万メートルで、音速が秒速300メートルとなる状況ですと、ここを巡航飛行する旅客機のスピードは、マッハ0.8=時速約864キロとなります。


先日、神戸空港から那覇空港へ飛んだ際、平均時速150キロの向かい風を受けたため、平均飛行速度は時速700キロほどでした。その後、羽田空港へ向かって飛んだ時には、一転して平均時速170キロの追い風となり、平均飛行速度は時速1000キロを超えました。いずれの場合も、旅客機自体が出している速度は同じです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/1144-d4d6f077
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。