PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴力事件によるアニメ放映中止と製作者との関連。クレイモアの田中監督、中谷プロデューサーインタビューより

どうやらスプラッタだったらしい School Days の最終話放送中止、
ひぐらしのなく頃に解 の放送中止について。

クレイモアの監督とプロデューサーの話が参考になります。

TVアニメ「CLAYMORE」アフレコレポート第2弾 2007年04月04日
http://blog.livedoor.jp/ld_anime02/archives/50929858.html

Q:監督ご自身が原作を読まれた感想をお話ください

田中監督:殺伐感ですよね。昨今、いろんな事件もありますが、切った切られたの部分をヒーローチックに描く作品が多い中で、そこらへんを逃げないでやっている作品であると。それを制作するに当たって、テレビだからこうなっちゃったねとか、アニメだからこうなっちゃってねとならないように、各スタッフともども頑張ってやっているというところです。

中谷P:監督が言われた「逃げない」という話を補足しますと、通常我々は民放なので放送法というものがある中で、暴力や青少年に対する影響みたいなことを考えながら、特にアニメーションはパカパカ問題など難しい状況がある中で、事なかれ主義にはしたくないというのがあります。これは暴力で血がいっぱい出るからやめようとか、タバコとか性的な描写というものがあるからといって、それだけで作品の本質的な部分をブラインドしてしまうのはやめようと。この作品は確かに血が出てきます。ただし、暴力というものを推奨しているわけではなく、その暴力というものの裏側にあるテーマ性。「生きること」とはどういうことなんだろうということ。正義って何なんだろうとか、愛って何だろう。それを描くプロセスで暴力というものがあるのはしょうがないんじゃないかと。
通常、プロデューサーという立場だと怖いので逃げてしまうのですが、この作品をやらせていただく上では、そこを絶対に逃げない。監督が簡単に逃げないと言い、そこだけを聞くと誤解を生じると思うのですが、そこに至るまで相当の会話をしていて、例えばカット一つ一つ見ながら原作ではこうなっているけれども、こういう風に映すのはやめようよというのは当然あります。あるけれども、それ自体をなくしてしまうとこの作品じゃなくなってしまうんじゃないかと。この作品をオファーさせて頂く以上は、ここは絶対にやるんだと。もし何か言われれば、それに対するお答えは当然あるし、我々の中でも当然自主規制を引いている。引くけれども逃げない。そういう意味です。
(強調は引用者追加)



会津若松の、母親の生首持って自首した少年の事件(2007年5月15日)
→テレサの死亡回(2007年5月23日)、クレアの生首ウォーク回(2007年5月30日)

プリシラの父親(に化けた妖魔)殺害回(2007年09月12日)
→京田辺の、父親を就寝中に手斧で斬った少女の事件(2007年09月18日)


残り1話、その心意気でお願いします。

このブログのクレイモア関連まとめ
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/blog-entry-89.html

link, trackback:
魔王14歳の幸福な電波 - 斧少女の一連の騒動でいちばん赦せないこと
http://d.hatena.ne.jp/Erlkonig/20070921/1190362850

萌え理論Blog - アニメ最終回の放映自粛に対抗する五つの方法
http://d.hatena.ne.jp/sirouto2/20070915/p2

ふぇいばりっとでいず School Days(スクールデイズ)最終回放送中止の記事まとめ
http://sorakale.blog83.fc2.com/blog-entry-331.html

tukinohaの絶対ブログ領域 - 『School Days』『ひぐらしのなく頃に解』の自主規制に関して-日本人に芸術の自立性は理解できない?
http://d.hatena.ne.jp/tukinoha/20070921/p1

ロリコンファル - マスコミいわく「ひぐらしは斧を使って敵を殺していくゲーム」 -炭鉱のカナリア-
http://d.hatena.ne.jp/kagami/20070921#p4
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:クレイモア - ジャンル:アニメ・コミック



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/111-0abecadd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クレイモアの製作スタッフ素晴らしい…!! -そこを絶対に逃げない-

DVD「クレイモア」 八木教広「クレイモア」 サイモン・クラーク「地獄の世紀 上巻」 サイモン・クラーク「地獄の世紀 下巻」 PE2プレイ記録ほかさん「暴力事件によるアニメ放映中止と製作者との関連。 クレイモアの田中監督、中谷プロデューサーインタビューより」 http

  • 2007/09/21(金) 22:59:30 |
  • ロリコンファル

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。