PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走れメロスの原作「デイモンとピシアス」、2人は同じ教団だった

古代ギリシャで、死刑囚が友を人質にして保釈され、正直に戻ってきたので権力者が感銘した物語。

日本では太宰治作品の「走れメロス」、登場人物のメロスとセリヌンティウスが有名ですが、日本以外では Damon and Pythias として知られています。

日本でも「デイモンとピシアス」を鈴木三重吉(すずき みえきち)が1920年に童話として発表しています。

一行まとめ:
宗教結社ピタゴラス教団のデイモン君とピシアス君が「自制と団結」実演で、ある町の暴君をなんか感動させちゃったよ!物語。

友情話には違いありませんが、ちょっとものの見かたが変わる話でした。


内容メモ:
シラキュースの町のディオニシアスはカーセイジ人との戦争で出世した。
ディオニシアスは独裁者になった。
ディオニシアスは暗殺されるかもと怯えていた。
ディオニシアスは牢に盗聴設備を作った。
ディオニシアスの寝室は吊り橋で出入りする島だった。
ディオニシアスはヒゲを他人に剃らせるのも怖くなり、理髪師を死刑にして、ヒゲは焼けたクリの殻を使って女たちに焼かせていた。
ディオニシアスは学者に真鍮の材質について質問したところ、暴君の息子を殺した勇者の像を引き合いに出したため、ムカついて死刑にした。
ディオニシアスは友人が一日独裁者をやりたいと聞き、頭上に落ちてきそうな刃を吊るした状態で、美酒美食でもてなした。
ディオニシアスは学問と詩が好き。
ディオニシアスは自作詩をけなした学者を投獄し、自信作を学者に披露したが、学者は再投獄を望んだので苦笑いして釈放した。

ピシアスはピサゴラスの学徒。
デイモンはピサゴラスの学徒。
ピサゴラス派では、自制が出来る奴ほどすごい。
ピサゴラス派では、自制できると死んだら神に、できないと獣に転生の扱い。
ピサゴラス派では、団結がすごい。
ピサゴラス派では、数学と音楽が研究された。

ディオニシアスは叛逆罪でピシアスに死刑判決を出した。
ピシアスは身辺整理のため、保釈を希望した。
デイモンが進み出て、身代わりを希望した。
ディオニシアスはデイモンを馬鹿にしたいので、了解した。

デイモンは落ち着いていた。
ピシアスは戻ってこなかった。

処刑場でも、デイモンはピシアスを信じていた。
ピシアスは戻ってきて、死刑を待った。
ディオニシアスは感動してピシアスを許した。
ディオニシアスは友情がうらやましかった。
「私を2人の仲間に入れてくれ」


全文:

デイモンとピシアス

鈴木三重吉

文章:青空文庫 鈴木三重吉 デイモンとピシアス
画像:近代デジタルライブラリー - 赤い鳥の本 ; 第9冊 救護隊 鈴木三重吉 著 赤い鳥社(1921)

鈴木三重吉版の走れメロス、「デイモンとピシアス」01
       一

 これは、二千年も、もっとまえに、希臘ギリシヤが地中海ですっかりはばかせていた時代のお話です。
 そのころ、希臘人は、今のイタリヤのシシリイ島へ入り込んで、その東の海岸にシラキュースという町をつくっていました。
鈴木三重吉版の走れメロス、「デイモンとピシアス」02
そこでも市民たちは、やはりみんなの間からいくたりかの議政官というものを選んで、その人たちにすべての支配を任せていました。あるとき、その議政官の一人にディオニシアスという大層な腕ききがいました。
 ディオニシアスは、もとはずっと下級の役に使われていた人ですが、その持前もちまえの才能一つで、とうとう議政官の位地まで上ったのでした。この人のおかげでシラキュースは急にどんどんお金持になり、島中のほかの殖民地に比べて、一ばん勢力のある町になりました。
 それらの殖民地の中には、アフリカのカーセイジ人が建てた町もいくつかありました。シラキュースはそのカーセイジ人たちと、いつもひどい仲たがいをしていました。 鈴木三重吉版の走れメロス、「デイモンとピシアス」03
ディオニシアスはついにシラキュース人を率いて、それらのアフリカ人と大戦をしました。そして手ひどく打ちまかしてしまいました。
 そんなわけで、ディオニシアスはシラキュース中で第一ばんの幅利きになりました。それでだんだんにほかの議政官たちを押しのけて、町中のことは自分一人で勝手に切り廻すようになりました。
 ディオニシアスはずいぶんわがままな惨酷ざんこくな男でした。市民たちは彼のいろいろな乱暴から、ディオニシアスをへびのように憎み出しました。しかし、市民もほかの議政官も、彼の暴威におそれて、だれ一人面と向って反抗することが出来ませんでした。
 ディオニシアスには、市民たちが、すべて自分に対してどんな考えを持っているかということが十分分っていました。 鈴木三重吉版の走れメロス、「デイモンとピシアス」04
ですから、しじゅう、ちょっとも油断をしませんでした。いつだれが、どんな手だてをめぐらして、自分を殺すかも分らないのです。ディオニシアスはそのために、最後にはもうどんな人をでも疑わないではおかないようになりました。
 彼は牢屋ろうやの後にある、大きな岩の中を、人に分らないように、そっと下から掘りけて、その中へ秘密の部屋をこしらえました。そしてそこへ、牢屋から罪人の話し声がつたわって来るような仕かけをさせて、いつもそこへ這入はいってじいっと罪人たちの言ってることを立ち聞きしていました。
 それから、自分の寝室へは、だれも近づいて来られないように、ぐるりへ大きなみぞを掘りめぐらし、それへ吊橋つりばしをかけて、それを自分の手で上げたりおろしたりしてその部屋へ出這入ではいりしました。
鈴木三重吉版の走れメロス、「デイモンとピシアス」05
 あるとき彼は、自分の顔をる理髪人が、
「おれはあの暴君ののどへ毎朝髪剃かみそりをあてるのだぞ。」と言って、人に威張ったという話をきき、すっかり気味をわるくしてその理髪人を死刑にしてしまいました。そして、それからというものは、もう理髪人をかかえないで、自分の娘たちに顔を剃らせました。しかし後には、自分の子が髪剃かみそりを持ってあたるのさえも不安心でならなくなりました。それでとうとうひげを剃るのをやめて、その代りに、栗のからを真赤に焼かせて、それで以て、娘たちに鬚を焼かせ焼かせしました。
 或日彼は、アンティフォンという男に向って、真鍮しんちゅうはどこから出るのが一番いいかとたずねました。すると、アンティフォンは、
「それはハーモディヤスとアリストゲイトンの鋳像のが一ばん上等です。」と答えました。 鈴木三重吉版の走れメロス、「デイモンとピシアス」06
ディオニシアスはおどろいて、たちまちその男を殺させてしまいました。ハーモディヤスとアリストゲイトンの二人は、希臘ギリシヤのアゼンの町の勇士で、そこの暴君のピシストラツスという人の子供らを切り殺した人たちです。この二人の像がアゼンに立っていました。アンティフォンは大胆にもそれを引き合いに出して、ディオニシアスにあてつけを言ったのでした。
 また或とき、ディオニシアスは、友人のドモクレスという人が、たった一日でもいいから、ディオニシアスのような身分になって見たいと言ってうらやんだということを聞き出しました。それですぐにそのドモクレスを呼んで、さまざまの珍らしいきれいな花や、香料や、音楽をそなえた、それはそれは、立派なお部屋にとおし、出来るかぎりのおいしいお料理や、価のたかい葡萄酒を出して、力いっぱい御馳走ごちそうをしました。
鈴木三重吉版の走れメロス、「デイモンとピシアス」07
 ドモクレスは大喜びをしました。しかし、そのうちにふと顔を上げて見ますと、自分の頭の真上には、鋭くとがった大きな刀が、一本の馬の尾の毛筋で真っ逆さに釣り下げられていたので、びっくりして青くなりました。これはディオニシアスが、おれの境遇は丁度この通りだということを見せてやろうというので、わざわざ仕組んだのでした。
 ディオニシアスは、こんな乱暴な人でしたけれど、それと一しょに、一方には大層学問があり、色々の学者や詩人たちを、いつもそばに集めていました。そして自分でもどんどん詩を作りました。
 或ときディオニシアスは、フィロセヌスという学者が、自分の作った詩をけなしていると聞いて、大層おこって、すぐにつかまえて牢屋へ入れました。
鈴木三重吉版の走れメロス、「デイモンとピシアス」08
 そのうちにディオニシアスは、また一つ詩をつくりました。そして自分では、こんな立派な詩はちょっとだれにも作れまいと大得意になって、早速フィロセヌスを牢屋からよび出して見せつけました。フィロセヌスがその詩を読んでしまいますと、ディオニシアスは、どうだ、それでもまだ悪いというか、と言わぬばかりに、相手の顔を見下しました。
 するとフィロセヌスは、何にも言わずに、くるりと獄卒の方を向いて、
「おい、もう一度牢屋へ入れてくれ。」と言いました。
 ディオニシアスもこのときばかりはくすくす苦笑いをしました。そして、相手の正直なことをめるしるしに、そのまま解放してやりました。
鈴木三重吉版の走れメロス、「デイモンとピシアス」09
       二

 しかし、ディオニシアスについて伝えられているお話の中で、一ばん人を感動させるのは、おそらくピシアスとデイモンとのお話でしょう。
 この二人は、どちらもピサゴラスの学徒と言って、ピサゴラスという、ずっと昔にいた学者の教えを奉じている人たちでした。
 ピサゴラスという人は、どんな人で、どんなことを説いたかということは、今ははっきり分っておりません。ただ、この派の学徒たちは、すべて感情を殺すということ、その中でもとりわけ怒を押えること、そして、どんな苦しいことでも、じっとがまんするということを、人間の第一の務めだと考えていました。 鈴木三重吉版の走れメロス、「デイモンとピシアス」10
こういう風に自分の感情や慾望を押えつけることを自制と言います。ピサゴラスの学徒は、人間はこの自制が少しでも多く出来れば出来るほど、それだけ神さまに近づくのだ、生がい完全な自制を以て突き通して来た人は、死んだ後には神さまになれる、その反対に、少しでも自分を押えつけることが出来ないで、いろいろの悪いことをしたものは、次の世には、獣や、またはそれ以下の動物に生れて来るのだと信じておりました。
 それらの学徒は、お互に、いつも固く団結して、いろいろの学問を修めていました。特に数学と音楽とを一ばん大切なものとして研究しました。
鈴木三重吉版の走れメロス、「デイモンとピシアス」11
 その学徒の一人のピシアスという人が、シラキュースに来ておりましたが、それがいつもディオニシアスに反抗しているようににらまれて捕縛されました。ディオニシアスはいきなり死刑を言いわたしました。
 ピシアスは、それではおおせのままに殺しておもらいしましょうと言いました。しかし、そのまえに一つお願があります、私は希臘ギリシヤに土地を持っており、身うちのものもおります。それで、一度あちらへかえって、すべてのことを片づけておき、すぐにまた出て来て処刑を受けますから、どうぞしばらくの間お許しを得たいと言いました。
 ディオニシアスはそれを聞いて嘲笑あざわらいました。そんなにして、まんまと遠い海の向うへげた後に、またわざわざ殺されにかえる馬鹿があるものか、そんなふざけた手でこのおれがまるめられると思うのかというように、からからと笑いました。
鈴木三重吉版の走れメロス、「デイモンとピシアス」12
 ピシアスは、
「しかしそれには、私がかえるまで、身代りになってくれるものがいるのです。私の友だちの一人がちゃんと引き受けてくれるのですが。」と言葉をついで言いました。
「ははは、それはお前がからかわれたのだよ。そんなことで、むざむざ命を捨てるお人よしがどこにいよう。」とディオニシアスは笑いました。
 すると、そこへデイモンという人がすかさず出て来ました。
「どうぞ私をピシアスの代りにおとめおき下さい。もし、ピシアスがあなたを欺いて、御指定の日までにかえってまいりませんでしたら、すぐに私をお殺し下さい。」と言いました。
鈴木三重吉版の走れメロス、「デイモンとピシアス」13
 ディオニシアスは、デイモンのその申出を聞いて、むしろびっくりしてしまいました。そして、よし、それではピシアスの言うとおりにさせてやろうと言いました。ともかくそれは、デイモンの馬鹿さ加減をためすのに丁度おもしろいと思ったからでした。
 デイモンは代って牢屋へ閉じこめられました。ディオニシアスは、獄卒に言いつけて、たえずデイモンの容子ようすを見張りをさせておきました。しかしデイモンは、いつまでたってもちょっとも不安そうな容子を見せませんでした。
「私はピシアスを信じている。ピシアスは立派な人だ。決してうそはつかない。もし、万一、あの人のかえりがおくれたとしたら、それは、彼のわるいせいではなく、やむをえない不意の出来ごとが妨げをしたのである。そのときには私はよろこんであの人の代りに殺されて見せる。」
鈴木三重吉版の走れメロス、「デイモンとピシアス」14
 デイモンはこう言って落ちつき払っておりました。
 ところがディオニシアスが考えていたように、とうとう定めの日が来ても、ピシアスはそれなりかえって来ませんでした。デイモンはそれでもまだ平気でいました。
「これは来る途中で海が荒れでもしたのに相違ない。何、私が殺されればそれでいいではないか。」とデイモンは獄卒に言いました。
 ディオニシアスは、それ見ろと笑いました。そして、いよいよ今日の何時までにかえらなければお前を殺すからそう思えと言いわたしました。
 間もなくその時間が迫って来ました。デイモンは容赦なく死刑場に引き出されました。獄卒は死刑の道具をそろえて待っていました。 鈴木三重吉版の走れメロス、「デイモンとピシアス」15
デイモンは、もう二、三分間もたてば冷たい死骸しがいになってしまうのです。しかし彼は、その間際まぎわになっても、ピシアスは決してうそをついたのではない、ただ、やむをえない事情でおくれたのだと信じていました。
 すると、そこへ、ピシアスがひょいとかえってきました。ピシアスはデイモンの手を取って、ああ、丁度間に合ってよかったと喜びました。そして、にこにこ笑いながらデイモンと代ってしずかに死刑を待っていました。
 ディオニシアスはすっかりおどろいてしまいました。
 そして、即座にピシアスの罪を許してやりました。こんな立派な人を殺すことは、いくらこの暴君にだって出来るはずはありません。ディオニシアスは、それから改めて二人を自分のそばへよびました。
鈴木三重吉版の走れメロス、「デイモンとピシアス」16
 彼は、これまでかつて人を信ずることの出来なかった、哀れな人間です。彼はしたいままの乱暴をしました。そうしておいて自分の命を少しでも長く盗むために、あらゆる人をうたぐりました。そのためには多くの人をどんどん殺したり押しこめたりしました。ですから彼はピシアスとデイモンとの二人のこの信実と友愛とを見ると、本当に何よりもうらやましくてたまりませんでした。
 彼は二人に向ってたのみました。
「どうぞ、これから私をもお前さんたち二人の仲間に入れておくれ。そして三人で本当の友だちになりたい。」
 こう言って、ピシアスとデイモンの手をとったということです。


西洋古典論集 (1999)の中で五之治昌比呂が鈴木三重吉版「デイモンとピシアス」の解説をしています。PDFで全文読めますので、歴史に興味がある方は以下。
http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/68656/1/KJ00004263630.pdf[archive]

(追記 2015-011-03)

この話は紀元前4世紀から伝わっているギリシャの伝説で、ダーモーン (Damon) とピンティアース (Phintias)が英語読みではない発音だそうです。

これにはいろいろなバリエーションがありますが、そのうち紀元後2世紀ヒュギーヌスによるラテン語の寓話(第257番)では登場人物名がMoerosとSelinuntiumで、それをドイツ人のシラーが「 Die Bürgschaft(人質)」として詩にして、太宰治が「走れメロス」に使ったようです。

人質(フリードリヒ・シラー)(太宰治『走れメロス』の題材)の出典[archive]

Damon and Pythias | PENGUIN TARO[archive]では、イアンブリコス『ピュタゴラス伝』233-237から、もっともオリジナルな物語に近いものが紹介されています。零落してコリントスで文字を教えていたディオニュシオスがアリストクセノスに語った内容を物語として紹介したあと、イアンブリコスはこう結んでいます。

ピュタゴラス派の人たちはお互いに顔見知りでなくても,同じ教義にあずかるものであるという証拠を見せられれば,いまだかつて見たことのない人のために親愛をしめす行為をおこなったと伝えられている.


ピュタゴラス伝 (叢書アレクサンドリア図書館)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/1104-937d55f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。