PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「インド人を右に」誤植は、いぶきとダッドリーが表紙のゲーメストに載っている

新声社(1999年倒産)のゲーム雑誌「ゲーメスト」。
誤植の多さが伝説となっています[archive]。

その中でも、1997年4月30日193号 218ページ、セガのアーケードゲーム「スカッドレース」の中級コース攻略記事写真のコメント、「くお~!!ぶつかる~!!ここでアクセル全開、インド人を右に!」というハンドルがインド人になった誤植は特に親しまれており、さまざまなパロディに使われています。


インド人を右に (いんどじんをみぎに)とは【ピクシブ百科事典】[archive]

手書き原稿による写植作業という伝統的な出版・印刷手法ならではの誤植と言えるが、硬派なレースゲームに登場する筈のないインド人というこの組み合わせが当時の読者の爆笑を誘ったことは言うまでもない。





ファミコン都市 「インド人を右に!」の原本はコレだ!![archive]で、該当のゲーメストを入手した記事が書かれています。

雑誌や誤植内容そのものより、ストリートファイターIIIのいぶきとダッドリーが表紙だったゲーメスト、というところを書き留めておきたくなりました。


(2016-09-20追記) 現物らしきものの画像

[archive]
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:本・雑誌



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/1063-a967150a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。