PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回将棋電王戦で登場するDENSOのロボットアーム「電王手くん」。成り、はそう動かすのか。






こんなこと書いてたら、実際にプロジェクトが進められてたそうです。

【ニコニコ動画】DENSOロボットアーム[電王手くん] PV



内容



人類バーサスコンピューター
誇りと尊厳をかけた プロ棋士対コンピューターの真剣勝負

(電王戦I 2012)

お気づきだろうか
その盤をはさんで向かい合っているのは人間同士

コンピューターの代指しは米長邦雄の愛弟子が選ばれた

(代指しする中村太地六段)

故・米長氏:
「対局当日にですね、私の前…盤の前に座るのは、誰か?と。
 僕を尊敬している、ここが問題なんですね。
 なんでそんなものが影響するの?っていうと
 それはすごく影響があるんですね。」

(電王戦II 2013)

第2回 すべての対局で 同じ人物が代指しを務めた

(代指しする三浦孝介初段)

紹介しよう 未来のプロ棋士 三浦くんです


棋士を慮(おもんばか)る構図に 異議を唱える者も多い

(「電王戦」コンセプトを米長と作り上げた
 北陸先端科学技術大学院大学 飯田弘之)

飯田氏:
「プロ棋士対コンピュータが画になるのか?、と。
 コンピュータの方を操作する人がいて、
 その人を映してしまったら駄目だと。
 私はちょっとね、充分に画になってないんじゃないかな、と。」

(電王戦III 2014)

主催者から出された提案は

(将棋会館、対局者たちへの説明会光景?)

「第二回の将棋電王戦では、奨励会員の三浦さんに代指しを務めていただいたんですけれども、第三回電王戦ではぜひ…」

その提案とは!?

(盤上の8七飛車をライティング後に吸盤でつまむロボットアーム。
 盤左のマウントの上に縦置きしたあと(マウントが回転する構造?)、龍王側の面をつまみ、8六飛車成と指す)

なんと ロボットアーム!!

(笑うプロ棋士側対局者たち)

日本が世界に誇る自動車部品製造技術

デンソーのノウハウが将棋専用ロボットに注がれる!

(TEAM DENSO)
(株式会社デンソーウェーブ 澤田洋祐)

DENSO 澤田氏:
「本当に何もない状態で、一から開発ですから。
 もともと将棋(の駒)をどうひっくり返すとか、
 そういったことも全く考えたこともなかったですから。
 社内でもやっぱり、電王戦のファンのエンジニアも多くてですね、非常に盛り上がってますね、これをやるという上では。」


屋敷信之九段:
「まあ、初めてですのでね、どんな感じになるのか」

佐藤紳哉六段:
「面白いと思いますよ」

菅井竜也五段:
「経験したことがないものなので、それで集中できないようであれば、ちょっとそれは自分の甘いところなので」


DENSO 澤田氏:
「このロボットアームですね、プロ棋士に対して、ある意味尊敬の意を込めた動きをですね、お見せできればいいなと思っています」


頭脳もフィジカルも コンピュータが担う!

DENSO 澤田氏:
「名前ですか?
 この(ロボットアームの)名前?」

第3回電王戦 代指しの名は
電王手くん DEN-OUTE-KUN

DENSO 澤田氏:
「あ(笑) 電 王 手 … 初めて知りました(笑)」

人類 バーサス コンピュータ は本来あるべき構図へ

米長が唱えた共存共栄の未来
その先を 我々が描く

(電王手くん 2014年3月15日誕生)




将棋電王戦 HUMAN VS COMPUTER | ニコニコ動画[archive]

ロボットアームは、株式会社デンソーウェーブがクラス世界一の高速性能と機能美を誇る垂直多関節ロボット*「VS-060」をベースに初めてプロ棋戦での採用を実現したロボットアームです。
・駒が斜めになっていたり、ずれて置かれていても、アーム先端に装着したカメラが多方向から画像認識し1ミリの誤差もない着手を実現
・駒をコンプレッサーで吸着し移動させるため、隣の駒に触れることがなく、 公式棋戦と同じ将棋盤と駒を使用することが可能
・棋士とロボットアームの間に目に見えない安全柵(エリアセンサー)設置
・ゆっくり指すことも、高速な早指しも自由自在に設定可能
・長時間の連続稼働が可能で、終日行われる棋戦にも対応



5-6軸垂直多関節ロボット | VSシリーズ VS-050/060 | デンソーウェーブ[archive]

デンソーで誰がやろうと言い出したんでしょうね?




見た目は塗装やデカールがちょっと欲しいですが、二本足で歩いたり顔に表情が出せたりのロボットではなく精密動作に優れた産業用ロボットなのが「電王戦的」と感じられ、面白い。


擬人化?

第3局ニコ生放送中にも登場



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:将棋 - ジャンル:ゲーム



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/1060-a4f2da43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。