PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治時代、「バタ臭い」とはどういう状態だったか。豊島屋・鳩サブレーのエピソードより

「バタ臭い」人。

明治時代、バターを食べてそのにおい(当時は悪臭)を漂わせている人物は、馴染みのない西洋知識を押し付けてくるめんどくさい人物で馬鹿にされても仕方ない、と扱われていました。

現在ではバターが悪臭であるという認識も無くなり、バターが欧米をあらわす食べ物という認識もほとんど無くなって、単に日本人とは違った顔立ち、もしくはダサい・格好悪いなどの意味合いになっています。

バターの香りが悪臭とされていたころ、それを使ったお菓子はどう扱われていたのか。

鎌倉の銘菓「鳩サブレー(はとさぶれー)」を製造している、豊島屋(としまや)のサイトに記載がありました。

豊島屋・鳩サブレー[archive]

店を開いて間もない明治三十年頃だったそうです。当時海濱院に滞在されていた異人さん(どこの国の方か伺わなかったようです)がフト、店へお見えになり、当店初代に大きなビスケットを下さったそうです。それは掌に近いほど大きな楕円形をしており、ジャンヌ・ダルクが馬に乗り槍をかざしている図柄が刻まれてあったそうです。



ところが、バターなどと云ったハイカラな物は当時の鎌倉では手に入れようもありませんでした。ようやく横浜の異人館に行けば入手できると聞き、初代は早速求めに行ったそうです。



かくして「鳩サブレー」は生まれ、初代は意気揚々とこの新作を焼き続け店に並べたものの、明治末の頃のことでございます「バタ臭い!」と云われ、売れる筈もございませんでした。

 そこで、ご近所の皆様、知己にお配りしたようです。皆様から「ご馳定さま、美味しかったヨ」勿論お世辞でございましょうが、これが初代には励みとなり、一層に頑張ったようでした。

 或る時初代のツレアイがご近所に伺った折、裏庭で鳩サブレーが犬の餌になっていたのを見たそうでございますが、初代の鳩サブレーに対する情熱を思うと、伝え難く、数年の間ないしょにしていたとのことでした。今日でこそ私達はチーズ、バターなどにはなじんでいますが、明治の頃のことです、全く異質の味であったのでしょう。



鳩サブレーも特にその一つで、十年程経てから、ようやく少しずつ知られるようになって参りました。大正に入り秋場隆一、竹内薫兵両小児医博より(離乳期の幼児食に最適である)とご推せんを頂いてより逐次、ご贔屓筋も増え、御用邸各宮家よりもご用命を受けるようになったのでございます。


(太字引用者)

明治の末期、売れない焼菓子「鳩三郎(はとさぶろう)」の職人がどのようにご近所から「バタ臭い」と扱われていたのか、分かる記録でした。

[鎌倉]<豊島屋>鳩サブレー TN

[鎌倉]<豊島屋>鳩サブレー TN
価格:2,205円(税5%込、送料別)


[鎌倉]<豊島屋>鳩サブレー TS

[鎌倉]<豊島屋>鳩サブレー TS
価格:3,150円(税5%込、送料別)



バタ臭い(ばたくさい) - 日本語俗語辞書
鳩サブレー - Wikipedia
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/tb.php/1058-64a0a449
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。