PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼帯と茶釜自爆は昭和生まれ~伊達政宗と松永久秀の新伝説はどう育ったかQ&A~

以前書いた記事は量が多すぎるので、軽量化したQ&A形式としてみました。

<伊達政宗>
Q1. 伊達政宗は右目に眼帯してなかったって本当ですか。
Q2. 伊達政宗は右目がつぶれていなかったって本当ですか。
Q3. それでは眼帯でもなく右目を開けている伊達政宗はどう描けばいいのですか。
Q4. 江戸時代、伊達政宗の右目がつぶれる話とはどういう内容ですか。
Q5. 1942年の映画『獨眼龍政宗』で、なぜ伊達政宗は目に矢が刺さり眼帯することになったのでしょうか。
Q6. 創作された眼帯のひとつ、刀鍔眼帯はどう普及していったのですか。
Q7. なぜ伊達政宗の眼帯姿は創作にもかかわらず維持されているのでしょうか。
Q8. 伊達政宗オッドアイ説をTwitterで見かけました。あれは何ですか。
Q9. 伊達政宗は像に両目をつけろと遺言したのだから、真偽はわからないのではないですか。


<松永久秀>
Q1. 松永久秀は平蜘蛛茶釜に火薬を詰めて自爆してなかったって本当ですか。
Q2. 松永久秀が茶釜と自爆してないなんて残念です。自爆につながる逸話は何かないのですか。
Q3. 松永久秀の自爆は講談で創作されたものではないのですか。
Q4. 松永久秀はいつごろから自爆するようになったのでしょうか。 【“眼帯と茶釜自爆は昭和生まれ~伊達政宗と松永久秀の新伝説はどう育ったかQ&A~”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。