PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「その作業」の意味を考えているか?ジャーサラダ記事に見る十二国記『図南の翼』

ジャーサラダは、作ってすぐ食べるべき生野菜サラダを長時間保管するということで、食中毒の危険性が高い食べ物です。

それの作り方についての記事を読んでいて、十二国記シリーズの『図南の翼』(となんのつばさ)の一節を連想しました。 【“「その作業」の意味を考えているか?ジャーサラダ記事に見る十二国記『図南の翼』”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

【読書メモ】藤子・F・不二雄「モジャ公」小学館コロコロ文庫全2巻

ブラックユーモアあふれるSF短編、あらすじと注釈。
ネタバレのため既読者用。

モジャ公 (1) (小学館コロコロ文庫)

モジャ公 (2) (小学館コロコロ文庫)


現在は大全集版のほうが全1巻で入手もしやすい。 【“【読書メモ】藤子・F・不二雄「モジャ公」小学館コロコロ文庫全2巻”の続きを読む】

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

【動画】艦娘『金剛』胸像フィギュア、コンプエース2015年3月号付録について

月刊コンプエース 2015年 3 月号 [雑誌]に付録としてついている『艦隊これくしょん~艦これ~』の艦娘(かんむす)、戦艦・金剛(こんごう)の胸像フィギュアについての動画です。 【“【動画】艦娘『金剛』胸像フィギュア、コンプエース2015年3月号付録について”の続きを読む】

テーマ:艦これ 艦隊これくしょん - ジャンル:アニメ・コミック

【動画】ミミズを捕食するヤツワクガビル、ヤツワクガビルを捕食するヒキガエル

食物連鎖が見られる動画が2本YouTubeにあったので紹介します。
どちらも、観察している人たちの声が面白い。 【“【動画】ミミズを捕食するヤツワクガビル、ヤツワクガビルを捕食するヒキガエル”の続きを読む】

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

【動画】猫とバナナの関係いろいろ

猫がバナナにどう反応するか、の動画いろいろ。
猫がバナナを食べる動画はそれほど珍しくないようです。 【“【動画】猫とバナナの関係いろいろ”の続きを読む】

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

ハーゲンダッツのカップアイスを器ごと切る話

包丁でハーゲンダッツのカップアイスを2つに割ったことを日本刀で切ったかのように冗談を言っていたツイートが拡散していたので、いくつかのアイスを器ごと切る話についてのメモ。 【“ハーゲンダッツのカップアイスを器ごと切る話”の続きを読む】

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

「ダンジョン飯」1巻。魔物の生態と味を考える、生物好き必見の面白さ。

ウィザードリィ的な、謎の迷宮探索をする冒険者たち。
戦士ライオスたちのパーティは食糧を失ったことをきっかけに竜との戦闘に敗れ、竜を倒して妹の遺体を胃から回収し甦生させることが当面の目的となる。
経費節減のため食糧を迷宮内で自給することにし、魔物食研究家のドワーフを加えての冒険が始まる…。

漫画「ダンジョン飯(めし)」は、ごくありふれたファンタジー冒険世界で魔物を解体したときに何が食べられるかをつきつめた、うんちくが面白い作品。
これは、他人が気持ち悪がって使わない未利用資源に、まっさきに気づいた人たちの寓話でもあります。

私の場合はダンジョンRPG、動植物の生態、昆虫食と、この作品を楽しむための土台が全部そろっているため、非常に楽しめました。



ファンタジーRPGはもともとヨーロッパ中世を模したものですが、指輪物語やダンジョンズ&ドラゴンズなどを経て日本で普及するときに、日本の風土に合った(日本人に理解できる)形へ変化を遂げています。

この「ダンジョン飯」に登場する人物も、「中身はだいたい現代日本人」の人間やエルフやドワーフたちです。

登場する魔物食材も、現代日本において、食べられるけどなんとなく食べる気にはなれないもの。

それぞれについて、感想と薀蓄をいくつか書いてみます。 【“「ダンジョン飯」1巻。魔物の生態と味を考える、生物好き必見の面白さ。”の続きを読む】

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

2009年11月17日、ボジョレー・ヌーボー・コピペ誕生(アメーバニュース)。毎年、どう追加されていくか。

『95年「ここ数年で一番出来が良い」』 に始まるボジョレーヌーボーの歴代キャッチフレーズのコピペ由来・起源は、2008年までが新聞記事などを拾い集めたアメーバニュースのライターが書いたもので出典および真偽不明、2009年から先は2ちゃんねるで産経ニュースなどをもとに追加された真偽不明のものでした。 【“2009年11月17日、ボジョレー・ヌーボー・コピペ誕生(アメーバニュース)。毎年、どう追加されていくか。”の続きを読む】

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

自撮り棒、セルフィースティック、セルカ棒。撮影者が手持ちする自分撮り一脚の歴史

Selfie Stick、セルカ棒。日本では2014年後半から、デジカメやスマートフォン用手持ち一脚が流行の「セルカ棒」として、普通に量販店で売られるようになりました。
まだまだ新しい概念のためか、表記ゆれが大きい商品です。
日本語では「自撮り棒」となるのか、韓国からの輸入語で「セルカ棒」となるのか、注目していきたい。

Twitterで大昔の自撮り道具について語られていたので、ここまでの歴史メモ。 【“自撮り棒、セルフィースティック、セルカ棒。撮影者が手持ちする自分撮り一脚の歴史”の続きを読む】

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

ワニの胆汁を毒とみなす東アフリカの迷信がニュースで輸出された話と、これに似たハンミョウの話

外国のニュースをそのまま伝える報道内容で、「ワニの胆汁は毒」と信じられ始めています。
発信元の東アフリカの迷信ではワニの胆汁が猛毒とみなされているそうです。

【“ワニの胆汁を毒とみなす東アフリカの迷信がニュースで輸出された話と、これに似たハンミョウの話”の続きを読む】

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

アニメ「艦これ」第1話。ようやく艦娘は艦ではないと実感。艦これはサメ映画である説が浮上。

艦これアニメ、この1日のまとめ的なもの。 【“アニメ「艦これ」第1話。ようやく艦娘は艦ではないと実感。艦これはサメ映画である説が浮上。”の続きを読む】

テーマ:艦隊これくしょん - ジャンル:ゲーム

「広島の区画は整然としてますね!」「アメリカにちょっと手伝ってもらったので」小噺の出どころ

ソースは2014年6月の英タイムズ紙→英インディペンデント紙、2014年7月の英語のブログ記事にはネタ話として使われていました。
2014年末にTwitter上で日本語に拡散。 【“「広島の区画は整然としてますね!」「アメリカにちょっと手伝ってもらったので」小噺の出どころ”の続きを読む】

テーマ:広島 - ジャンル:地域情報

NHKの深海番組で放送された巨大生物たちの餌。マンボウはどうなのだろう?

マッコウクジラ、ウバザメ、メガマウス。大きな海洋生物が餌を求めて上下するとTVで放送された話のメモ。マンボウもこれなのかどうか。

【“NHKの深海番組で放送された巨大生物たちの餌。マンボウはどうなのだろう?”の続きを読む】

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

「もろはのけん、もろはのやいば、もろはのつるぎ」と「ジレンマ」について

日本では平安時代以降に片刃の刀(かたな)が普及したことで、両側がとがっている剣(つるぎ、けん)は儀式用を除いて廃れていきました。
剣(けん)という言葉は剣法など、手段や精神性を意味する用語となっていきます。

明治時代になるとキリスト教の概念がいろいろ輸入され、聖書内の「もろ刃の剣(もろはのつるぎ)」は「馴染みがないけどなんかすごい武器」と思われました。

また、論理学でジレンマを表わす三段論法、相手に「どっちも選べないよ…」と言葉に詰まらせて信用を落とす方法は「両刀(りょうとう)論法」と呼ばれました。

見た目が似通っていたためか、印刷上や運用上もいろいろ混同されていたようです。

2015年現在、
両刃の剣・諸刃の剣・諸刃の刃(もろはのつるぎ、もろはのやいば)はハイリスク・ハイリターンの象徴として
「大ダメージを期待できるが自分も傷つけかねない」

ジレンマは両刃論法という言葉が廃れて
「あちらを立てればこちらが立たず。窮地」

という状況で使われています。 【“「もろはのけん、もろはのやいば、もろはのつるぎ」と「ジレンマ」について”の続きを読む】

テーマ:名言・格言・ことわざ - ジャンル:学問・文化・芸術

あまりにも謎すぎる「高音質microSD」という言葉

ついにソニーもオーディオオカルトの世界へ踏み入れるのか?という話がやってきました。
それ以前に「micoroSDによって音が違う」と事実として語る人がいることに驚きました。

「私はこう感じた」と「事実として複数の人間が思い込みなしで差を感じた」の違いを語るには、二重盲検の実験結果が必要でしょう。

(追記) ソニーの主張は、外部メモリはノイズ発生源である、高価でノイズを軽減した外部メモリを提供する、ということのようです。
いいたい理屈は分かりましたが、そうなると音楽プレーヤー製品としてベストな状態で聴きたいなら外部メモリを使うな、とウォークマン製品の特徴として記載されるべきだと思います。 【“あまりにも謎すぎる「高音質microSD」という言葉”の続きを読む】

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

中国語で侮蔑語・罵倒語となる「我孫子」について

茨城県の我孫子(あびこ)市、JR常磐線の我孫子(あびこ)駅、人物名の我孫子さん(我孫子武丸さんなど)は、中国では放送禁止語となるらしい。

この問題は数年に一度ぐらいの頻度で、話題となっているようです。 【“中国語で侮蔑語・罵倒語となる「我孫子」について”の続きを読む】

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【動画】コアラがリンゴを食べ、水を飲むシーン

コアラ - Wikipedia
1984年から1985年にかけて日本に始めてコアラが来た当時、コアラはパンダなどとともに動物園の集客の目玉でした。

今日の動物園では、一部のユーカリしか食べないコアラの食費が重い負担となっているそうです。

2013年の記事
【コアラ通信】東山動物園のコアラのえさ代年間5600万円に「維持できないのなら飼うな!」の声 - BIGLOBEニュース[archive]

参考資料として多摩動物園の一頭あたりの年間食費は以下の通り。
コアラ2100万円
アフリカゾウ400万円
キリン87万円、
ライオン70万円
チンパンジー223万円
トキ2万円
ノネズミ730円



コアラの食性には、水をほとんど飲まない、一部のユーカリの新芽だけを食べる、という特徴があります。

いっぽうで、水を飲み、リンゴを食べる動画もあります。ここではその動画を集めてみました。

【“【動画】コアラがリンゴを食べ、水を飲むシーン”の続きを読む】

テーマ:博物学・自然・生き物 - ジャンル:学問・文化・芸術



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。