PE2HO

Betelgeuse's Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【動画】ジョジョの奇妙な冒険第四部「オーソン」になった仙台のローソン

2012-07-28 ローソン仙台柳町通店で、オーソン化の作業を撮ってきました。

公式サイト
ジョジョの奇妙な冒険キャンペーン|エンタメ・キャンペーン|ローソン 【“【動画】ジョジョの奇妙な冒険第四部「オーソン」になった仙台のローソン”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:仙台 - ジャンル:地域情報

『近寄んないで!あんたなんか!大嫌い 嘘 ごめんね…大好きだよ…』 曲名でツンデレ台詞ができるらしい

14,642RTされ、まだまだリツイートが増えているMiso_Ten氏のつぶやき。面白いので曲を並べてみよう。


【“『近寄んないで!あんたなんか!大嫌い 嘘 ごめんね…大好きだよ…』 曲名でツンデレ台詞ができるらしい”の続きを読む】

テーマ:お笑い - ジャンル:お笑い

【動画】イオウイロハシリグモの脱皮と脚の再生

野外で観察できるのはわりと珍しいので撮影。2012-07-16 仙台市博物館にて。 【“【動画】イオウイロハシリグモの脱皮と脚の再生”の続きを読む】

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

【動画】直進できず交差点に取り残された車

交差点から抜け出せずクラクションを鳴らされる車。
2012-07-15 仙台市 西公園前交差点 【“【動画】直進できず交差点に取り残された車”の続きを読む】

テーマ: - ジャンル:車・バイク

【動画】「はい、チーズ!」がわりの「ずんだもち!」(仙台城跡、伊達武将隊)

2012年7月15日は、仙台城跡で、伊達武将隊が鎧を鳴らしながらいろいろなパフォーマンスをしていました。

宮城発 - 奥州・仙台 おもてなし集団伊達武将隊が仙台の魅力をPR!|フレッツ光メンバーズクラブ
↓↓↓

お客さまとの写真撮影では「はいチーズ」のかわりに「ずんだもち!」の掛け声をかけています。このように、お客さまに楽しんでもらいながら仙台をPRするのが、伊達武将隊のおもてなしの流儀です。

↑↑↑ 【“【動画】「はい、チーズ!」がわりの「ずんだもち!」(仙台城跡、伊達武将隊)”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2012年8月1日から、Amazon紹介料CD/DVD/TVゲームは固定2%に。まとめ・ニュースサイトに大きな変動があるかも。

このブログではAmazonアフィリエイトは画像遊びのネタですが、大手のアニメ・ゲーム紹介サイトでは大きな影響があるようです。 【“2012年8月1日から、Amazon紹介料CD/DVD/TVゲームは固定2%に。まとめ・ニュースサイトに大きな変動があるかも。”の続きを読む】

テーマ:アフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト

Catalog

[Origami Crane] [Origami Ninja Star]

ASIN:









写真をアップロード/他の人の写真を見る
画像の問題を指摘する(Amazonログイン)


【“Catalog”の続きを読む】

テーマ:ブラウザ - ジャンル:コンピュータ

【動画】『こんにゃくのレバ刺し』(関越物産)を食べてみる

2012年7月から、牛レバーの生食提供に罰則がつくようになりました。
それにともない、コンニャクでできた牛レバーの刺身もどきも数社から発売され店頭に並ぶようになりました。

有名どころでは、ハイスキー食品の『マンナンレバー』があります。
マンナンレバーを喰ってみた。:独断と偏見に満ちあふれた極主観的イタリアワインブログ:So-netブログ

それらのレバ刺し風コンニャクのひとつ、関越物産の『こんにゃくのレバ刺し 魚醤ごま油たれと煎りごま付き』が197円で売っていたので買ってみました。 【“【動画】『こんにゃくのレバ刺し』(関越物産)を食べてみる”の続きを読む】

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

【動画】チョウセンメクラチビゴミムシ

<専報>対馬産のチビゴミムシ類

そこで, この種と, 同じ系列に属すると考えられる韓国産の洞窟性チビゴミムシ類とに対して, チョウセンメクラチビゴミムシ属 Coreoblemus S. UENO という新しい属を立て, 前者をツシマメクラチビゴミムシ Coreoblemus venustus S. UENO と命名した。チョウセンメクラチビゴミムシ属とノコメメクラチビゴミムシ属とは, 同じ属群のうちでも比較的原始的な地位を占め, 分布の様子も散発的, 遺存的である。しかも, これら2属の分布域が対馬海峡によって明確に区分されている点を合わせ考えると, ツシマメクラチビゴミムシの祖先が対馬に定着した時期はかなり古く, 対馬を含む朝鮮陸塊と西日本とが古対馬水道によって隔てられていた時代, おそらくは第三紀の中新世にまで遡るのではないかと推察される。



チョウセンメクラチビゴミムシは、とても古い時代に韓国と対馬の地下へと進出したゴミムシのようです。
【“【動画】チョウセンメクラチビゴミムシ”の続きを読む】

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

エジプト観光した出稼ぎギリシャ傭兵たちは、本国で極彩色の文明を築いた。NHKスペシャル『古代ギリシャ”白い”文明の真実』

NHKスペシャル 知られざる大英博物館(2)古代ギリシャ ”白い”文明の真実(2012-07-01 21:00~)の視聴メモ。

まとめ
貧しいが勇猛なギリシャ人たちを、当時のエジプトを含めた近隣の文明国は傭兵として雇った。
彼らは遠征に従ってエジプトの古代遺跡なども観光、鮮やかな色彩や巨大彫刻など各種技術を学んで帰郷し、大理石をベースに世界各地の顔料を使って色彩鮮やかな神殿や彫刻などを作り上げた。古代ギリシャ文明である。

という話は常識だったが、その後、ポンペイの発掘などで古代ローマ・ギリシャブームが起きると、美術史家がギリシャ最高!白い彫刻すばらしい!と論じて変な方向になった。

産業革命で力を付け、次に正統性を求めたヨーロッパ諸国は古代ギリシャへと執着するようになった。
また、イギリスのヴィクトリア女王のウェディングドレスから「白がすてきな色」となり、1938年には大英博物館でスポンサーの指示によりギリシャ彫刻の表面が破壊されて”白く”される事件が起きた。
このように、ギリシャの彫刻は白いものだと広く信じられるようになった害が起きた。

大英博物館の近年の研究、さらにドイツでの研究などで、ギリシャ彫刻の服の模様まで再現されるようになった。


というスペシャル番組。放送内容は「本当は彫刻に色が付いていた」、というところから始まっている。 【“エジプト観光した出稼ぎギリシャ傭兵たちは、本国で極彩色の文明を築いた。NHKスペシャル『古代ギリシャ”白い”文明の真実』”の続きを読む】

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。